三重県の生牡蠣の時期はいつ?旬の三重県の生牡蠣を食べ放題!

生牡蠣の名産地には、北海道・三陸・兵庫・広島・九州などがありますが、三重県も生牡蠣の名産地として有名ですよね!三重県だけでも、生牡蠣の産地は多くあります!的矢・浦村・桃取・伊勢志摩・渡利など、生産量は全国6位!牡蠣の国と呼ばれています!また、真牡蠣だけではなく岩牡蠣の産地でもあるのです。今回は、そんな三重県の生牡蠣が一番美味しく食べられる時期はいつなのか?旬の時期に食べ放題できちゃうオススメのお店は?などなど、紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク



三重県の生牡蠣の時期は?

生牡蠣の成長には、水温が大きく関わっています。海水温度が高くなる6月から9月頃にかけて牡蠣は排卵します。排卵した牡蠣は身がやせ細ります。そして、また次の排卵に向けて栄養を蓄えどんどん大きくなり、身はぷっくりクリーミーになっていきます。なので、12月頃から4月くらいまでが一番状態がいいのではないでしょうか。最初に述べましたが、海水温度によって変わってくるので、その年の気候などによって前後するからです。

なので、重県の生牡蠣は12月から4月頃ですが、九州や北海道では更に時期が前後します。なので、全国から生牡蠣が取り寄せられる現代では、生牡蠣は通年を通して美味しく食べられるんですよね!生牡蠣は冬しか美味しく食べられないって思ってる方も多くいると思いますが、そんなことはありません。

今の養殖技術では、一年を通して卵を持たない牡蠣など、様々な工夫もされているので、6月から9月にかけても美味しい生牡蠣はありますし、春夏秋冬それぞれにオススメな生牡蠣があるんです!

三重県の生牡蠣は夏にも旬が来る!?

はい。上で書いた生牡蠣とは、真牡蠣の事で、岩牡蠣は夏に旬を迎えます!三重県は、岩牡蠣の産地でもあるのです。真牡蠣と違い岩牡蠣は、一気に排卵するのではなく、ゆっくり少しずつ排卵するので、身がやせ細りにくいのです。また、岩牡蠣は天然物が主流の為、海女さんが潜って獲るので漁ができる時期が決まっています。

なので、岩牡蠣の時期は6月~9月頃になります。三重県の岩牡蠣として伊勢志摩の岩牡蠣が有名ですよね!その他にも、南伊勢や的矢産の岩牡蠣も出てきます。岩牡蠣は真牡蠣よりも大きく、磯の香りが強く濃厚な味わいですが、希少価値も高いので、真牡蠣よりも倍近く値段がしますが、真牡蠣では味わえない旨さを堪能できるので、岩牡蠣もオススメです!

食べ放題が始まる時期は?

三重県には、多くの生産者さんがいて、シーズンになると牡蠣小屋が多く賑わいます。牡蠣小屋では、みなさんが大好きな食べ放題を開催してる店もあります。好きなだけ牡蠣を自分で焼いて軍手をつけて開けて食べる。。。牡蠣好きにはたまらない牡蠣小屋の醍醐味です!

牡蠣小屋で食べ放題が食べられる時期は、だいたいどこも11月~3月の間が多いですね!では、数多くある三重県の牡蠣が食べ放題できるお店の中から選りすぐりのオススメのお店を何軒か紹介したいと思います!

スポンサードリンク



旬の時期に食べ放題が食べられるお店

□与吉屋□

JR鳥羽駅からバスまたはタクシーで20分程の所にある、浦村を代表する牡蠣小屋のパイオニア的な存在のお店!一年中牡蠣が食べられ、食べ放題をやってない時期でも、浦村牡蠣が食べられます。もちろん夏場は岩牡蠣を堪能することもできます!

食べ放題が食べられる時期は11月~3月までで、10月から食べ放題の予約の受付が開始します。料金は60分2600円で、4~12歳は1300円で食べ放題ができます。セットで牡蠣飯と牡蠣味噌汁と牡蠣フライがついてきます。更に11月と12月は牡蠣フライが生牡蠣に代わります!焼き牡蠣だけじゃなく、他も楽しめるのはいいですよね!

こちらはお店の人が焼いてくれるので、食べる事に集中すればOK!調味料はポン酢とソースがおいてありますが、自分でお好きな調味料を持ち込んでもOKです。営業時間は平日が11時~14時、土日祝が10時~15時までとなっています。お土産には殻付きの生牡蠣や牡蠣のしぐれ煮などもあります。浦村に行ったら是非行ってほしいお店です!

□マルナカ水産 マルマ本店□

JR鳥羽駅から車で15分のところにある、元養殖工場を店舗に変えたお店。アットホームな雰囲気と、隣が養殖場な為、鮮度抜群の牡蠣が味わえるのが魅力のお店です!牡蠣以外にも、アッパ貝やアサリ、サザエなども注文できます。大将がお客さんの好みに合わせて焼いてくれる焼き牡蠣は絶品!

食べ放題の料金は、90分2500円で、小学生は1100円、未就学児は500円となっています。セットには、味噌汁と牡蠣のグラタンがついてきます。営業時間は11時~15時で、お休みは不定休なので電話で確認した方がいいですね。食べ放題以外にもメニューがあり、生牡蠣はなんと一個100円で食べれちゃいます!さすが生産者さん直営のお店!浦村の牡蠣を堪能したい方は是非足を運んでみてください!

□BBQセンター モンキー□

こちらのお店は、焼き牡蠣と蒸し牡蠣の食べ放題が食べられます!90分2200円、小学生1100円、幼児無料となっていて、季節の炊き込みご飯、味噌汁、漬物がついてきます!燻すように焼き上げるスタイルで旨味の濃い焼き牡蠣となっています。焼きと蒸しが食べ放題なのは嬉しいですよね!更に調味料や飲み物の持ち込みが無料なのも嬉しいとこ!

単品でカキフライや佃煮が300円で頼めるし、お土産用に生牡蠣の詰め放題もやっています。こちらでは、海上釣り堀もやっているので、釣りをした後に牡蠣を堪能したりできちゃうのも魅力ですね!是非行ってみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は三重県の生牡蠣について書いてみました!結論的に、三重県では一年のほとんどが生牡蠣の時期ということになります。真牡蠣と岩牡蠣の両方を堪能できる地域は多くはないので、さすがは牡蠣の国といったところでしょうか。また、今回紹介させていただいたお店は、数多くあるお店のほんの一部ではございますが、人気のお店です!是非参考にしてもらい、自分のお気に入りのお店を見つけてもらいたいです!

こちらの記事もあわせてどうぞ➡➡生牡蠣に味の違いはあるのか?~種類や産地、季節で異なる違い~

スポンサードリンク