殻付き生牡蠣の食べ方と調理法〜プロが教える家庭で簡単にできる方法〜

殻付きの生牡蠣を手に入れて、どう食べたらいいかわからない、生牡蠣以外の食べ方を知りたいって方が、参考にできるような記事を書きたいと思います。家庭で簡単に作れる調理法を中心に教えます。

スポンサードリンク



殻付き生牡蠣の開け方

まずは開け方です。最初は難しいかもしれないですが、慣れると簡単に開けられるようになります。手を怪我しないように、軍手やゴム手袋をして開けるようにしてください。牡蠣がすべらないように、おしぼりなどで牡蠣を固定します。牡蠣ナイフがなければ、肉用や魚用のナイフでも大丈夫です。ポイントは、牡蠣は貝柱だけでくっついてるので、貝柱さえとればいいのです。後は、身を傷つけないように、殻に沿ってナイフを入れる事。それさえ気を付ければ、後はなれるだけです。

まず、殻が平の方を表にして、幅の広い方を上にして置きます。

上から1/3のとこに貝柱があるので、そこにナイフをいれます。

殻と殻が合わさったとこにナイフを細かくグリグリしながら、あまり奥までいれないように入れてください。

ナイフが入ったら、手首を使ってそのまま殻にそってナイフを動かします。この時に、殻についている貝柱を殻からそぎ落とすようにイメージしながら動かしてください。すると、殻が少し開くので、牡蠣をたてて、目で見て貝柱だけを殻に沿って取って、ナイフで殻をおさえながら、もう片方の手で殻を開けます。

次に、下の貝柱も外します。下の殻に沿って滑らせるようにして貝柱を外します。

これで殻から外れるので、身と殻を水で洗って、入ってた状態と逆にひっくり返すと身がぷっくらして美味しそうにみえます。

美味しい食べ方

さあ、上手に剥けた牡蠣をどうやって食べましょうか。その前に、よく手を洗って下さいね。牡蠣を剥くのに使ったおしぼりや台もよく洗って、アルコール除菌をしておきましょう。牡蠣を食べるのに、一番懸念されるのが食中毒です。少しでも食中毒になる可能性を減らす為に、衛生面は1番気にしなくちゃいけません。生牡蠣を食べたら危険な季節はいつ??

次に、生牡蠣を美味しく食べるにはやはり、よく冷えてるかどうか。開けるのに手間取って、緩くなってしまったりしたら美味しくないです。水で洗う時に、氷水で洗うか、一度冷蔵庫などで冷やすかしましょう。その時は牡蠣が乾かないようにラップをするようにしましょう。お店で出てくるみたいに皿に氷をひいて乗せてもいいですね。殻付き生牡蠣の場合は、そのままレモンやポン酢やカクテルソースをかけて食べるのがいいですが、生食用のむき牡蠣の場合、下処理をしてから食べると、臭みがとれて身もぷりっとします。

スポンサードリンク



家庭でできる殻付き生牡蠣の調理法

フライパン、電子レンジ、ガスコンロ、オーブントースターの4つを使った殻付き生牡蠣の調理法を紹介します。

まずは、フライパンを使った調理法です。フライパンが傷つかないように、アルミホイルをひいてから、殻付き生牡蠣の丸い方を下にして並べます。フライパンに蓋をして、中火で6〜8分焼いて、殻付き生牡蠣の蒸し焼きの完成です。酒と醤油をたらして和風焼きにしたり、ガーリックバター焼きにしたり、味噌焼きにしたり色々なアレンジができますね。

次は、電子レンジを使った調理法です。殻付き生牡蠣をラップで包んで、丸い方を下にして、レンジで3〜4分チンして完成です。電子レンジ用の耐熱容器に殻からはずした牡蠣とお好みの野菜を入れて、塩・胡椒・酒・うすくちで味付けして、チンしてもいいですね。

次は、ガスコンロを使った調理法です。

コンロに網を置いて、アルミホイルで包んだ殻付き生牡蠣を丸い方を下にして置きます。中火で7分焼いて完成です。酒をたっぷりかけてから焼いたら酒蒸しですね。

最後にオーブントースターを使った調理法です。剥いて殻をはずした牡蠣に、ホワイトソースとチーズを乗せて、中火で5分、焼き目がついたら殻付き生牡蠣のグラタンの完成です。あらかじめ、ホワイトソースを乗せてからレンジでチンしてから、チーズを乗せれば、オーブントースターで焼き目だけつければいいですね。ほうれん草やベーコンやトマトなど、色々トッピングしてアレンジしても美味しいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?家庭でも簡単にできちゃう殻付き生牡蠣の調理法や食べ方を紹介しました。殻付き生牡蠣が手に入ったら、是非参考にして下さい!ちなみに今回は、生食用の殻付き生牡蠣を前提で書かせて頂きました。加熱用の殻付き生牡蠣の場合、牡蠣の中心温度が85度以上で1分半以上加熱しないと、食中毒になる可能性があるので、牡蠣の大きさなどによって、調理時間が変わると思いますので、ご注意下さい。

スポンサードリンク