宮城県の牡蠣養殖

こんにちは、ぽにょです♬
牡蠣の養殖で有名な2大産地といえば、広島県と宮城県といわれています。

牡蠣のプロ
牡蠣のプロ
牡蠣は養殖方法や、育つ環境によって品質も変わってきます。今回は、牡蠣の2大産地の1つである宮城県にフォーカスし、宮城での牡蠣の養殖の歴史や現在の養殖方法、また宮城の有名なブランド牡蠣などを紹介していきたいと思います!

 

宮城での牡蠣養殖の歴史

IMG_23391-540x360

宮城で牡蠣の養殖がはじまったのは、今から約300年前の1600年代だといわれています。

松島湾野々島で内海庄左衛門という人物が天然にたくさんの牡蠣が付着しているのを発見し、彼は野々島に移住します。すごく思い切りがいいですよね。その後彼は天然牡蠣を採取する一方、天然産の稚貝を拾い集めては海面に撒き、育成をはじめました。牡蠣の採取日を計画し、牡蠣殻や稚貝を撒いて自然の釣り合いを保つようにしたらしいです。これが周りの漁師たちにも広まっていき、牡蠣の養殖がスタートしたといわれています。

1800年代になると、天然の牡蠣を採取し続けた結果、天然の牡蠣が減少し漁師たちは頭を悩ませはじめました。そこで漁師たちは、天然稚貝を広い集め、松の木の枝に付着させ、生育に適した場所に移し、数年後に採取するという方法を積極的にとりはじめました。また、牡蠣の移植、保護もしっかりとするようになりました。しかし、それでも牡蠣の需要に生産が追い付かず、養殖の必要性が叫ばれるようになります。そこで、当時すでに牡蠣の養殖に成功していた広島県から教師を招き、養殖技術の向上を目指しましたが定着することはありませんでした。しかしながら、その後1899年に塩釜市に宮城県水産試験場が設立され、松島湾で独自の牡蠣養殖方法の開発がスタートしました。やがて従来の方法や広島式からさらに進化した「す立て棒刺棚」を編み出し、牡蠣養殖は発展し生産量も増加していきました。

1900年代に入ると神奈川県で「垂下式養殖法」が開発され、全国各地に広まっていきました。宮城県でも松島湾や万石浦に広まり、より効率良く牡蠣が生産できるようになっていきます。1930年には水深が比較的深いところでも養殖可能な「筏式垂下養殖方法」が開発され、志津川湾・雄勝湾や気仙沼でも養殖ができるようになりました。さらに1952年には水深の深い外洋で行われる「延縄式垂下養殖方法」が開発されます。これによって沖合いでの養殖も進み、次第に現在の宮城県の牡蠣養殖における基礎の部分が出来上がりました。

 

宮城での牡蠣養殖の現在

宮城県沿岸は、入り江や内湾が多く潮の流れがとても穏やかで、牡蠣の養殖に非常に適した環境であります。中でも三陸の志津川周辺は水が澄んだエリアとして有名であり、気仙沼は森を育てるという試みをいち早く進めてきた土地です。このように恵まれた環境で育つ牡蠣は、身も大きく、濃厚な甘味が特徴的です。宮城では、1990年代からは無菌海水で牡蠣を浄化する「浄化場」を整備し、またノロウイルス検査・貝毒検査・放射能検査なども徹底し、国内産地で最も高い検査基準を満たす安全性に優れたおいしい牡蠣を生産しています。

現在、牡蠣の生産量では宮城県は広島県に次いで全国2位です。2011年の東日本大震災の津波被害の影響で震災直後は壊滅的被害に遭いましたが、フランスの牡蠣養殖業者からの援助もあり、徐々に生産量を取り戻しつつあります。

また、広島の牡蠣がむき身で加熱用として出荷されるものが多いのに対して、宮城の牡蠣は殻付き牡蠣で生食用として出荷されるものが多いです。やはり、恵まれた環境で育てられた栄養豊富な牡蠣は生が一番おいしいですよね。宮城の牡蠣が生食用として選ばれるのは、環境と設備に裏付けられた安心感があるからこそです。生産者たちの熱い想いも、牡蠣の味にまた格別な深い味わいをプラスしているのではないでしょうか。

宮城の有名なブランド牡蠣

生牡蠣の産地として世界中に名を馳せる宮城ですが、もちろんたくさんのブランド牡蠣が市場に出回っています。

例えば、気仙沼産の「三陸唐桑もまれ牡蠣」。三陸リアスの波にもまれて育った牡蠣です。選りすぐりの牡蠣だけをかごに入れて湾の外、潮の境目につるすことでぷっくりとした身入りのいい牡蠣に成長します。

東松島産の「鳴瀬牡蠣」は1年物でも身入りが良く、1粒1粒のばらつきがないのが特徴です。豊富な養分を取り入れて育ち、日本国内の中でもトップクラスの甘さを誇るといわれます。

女川産の牡蠣は、歯ごたえのある旨みと濃厚なコクが抜群の牡蠣に育ちます。フランスにも出荷されるほど、海外の評価も高い牡蠣です。大粒で、甘味と風味がとても特徴的、すっきりとした味わいが楽しめます。

石巻万石浦産の牡蠣は、湖のような穏やかさでさざ波のゆりかごに揺られ育った牡蠣です。とてもジューシーでフレッシュな味わいが楽しめます。その豊潤な味わいは多くの人を虜にしてきました。

牡蠣のプロ
牡蠣のプロ
他にも、宮城には多くのブランド牡蠣があり全国に出荷されています。近年は牡蠣をブランド化することによって、価値が高まり、さまざまな産地の牡蠣が出回るようになりましたが、特に宮城県産の生牡蠣が群を抜いているといっても過言ではないでしょう。

 

まとめ

宮城県の牡蠣養殖は日本では広島県に次いで歴史があるといえるでしょう。宮城の牡蠣養殖は、内海庄左衛門が野々島でたくさんの天然牡蠣を発見することから始まりました。その後1800年代に大きく発展を遂げ、1900年代には「筏式垂下養殖方法」や「延縄式垂下養殖方法」が開発され、現在の牡蠣養殖の礎が出来上がりました。

宮城の牡蠣は殻付き牡蠣としての出荷が多く、全国でも屈指のブランド牡蠣の産地があります。東日本大震災から立ち直り、再び牡蠣の宮城としての名声を取り戻しつつあります。

宮城産の牡蠣だけでもかなりの数があるので、みなさんも是非宮城の牡蠣を食べ比べてみてははいかがでしょうか。

こちらの記事も合わせてどうぞ!⇒

 

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!