無菌の生牡蠣が存在する!?安全に美味しく生牡蠣を食べたい!

生牡蠣と言えば食中毒というイメージをみなさん持っていると思います。特に冬の時期に流行するノロウイルスは生牡蠣の代名詞と言っていいほど、みなさんがよく口にします。生牡蠣は、あたる覚悟で食べてる方や、一度あたった事があるから二度と食べないと言ってる方がいたりと、生牡蠣=食中毒は切っても切り離せない関係であり、牡蠣の生産者さんや牡蠣を扱う飲食店にとっても、解決できない永遠の悩みでもあります。しかし、そんな悩みを解決するような革命が起き始めています!ウイルスや細菌のいない無菌の生牡蠣が存在するのです。今回は、その無菌の生牡蠣についてと、無菌の生牡蠣が食べられるお店の紹介を書いていきたい思います!

生牡蠣にあたるとは?

まず、生牡蠣にあたるとはどうゆうことなのか説明したいと思います。生牡蠣にあたる原因としては主に4つあります。ノロウイルス・腸炎ビブリオ菌・貝毒・アレルギー。牡蠣は、餌となるプランクトンを海水ごと取り込みます。その時にウイルスや細菌も牡蠣の体内に入り蓄積します。その細菌やウイルスが蓄積された生牡蠣を人が食べる事によって、食中毒を引き起こすのです。

なので、牡蠣の生産者さん達は毎日水質検査をし、厚生労働省の定めた基準値をクリアした生牡蠣しか出荷できません。更に水揚げされた生牡蠣を浄化水槽に一日入れ、殺菌・消毒するのと、生牡蠣の体内を綺麗にして出荷します。しかしながら、それでもわずかに細菌やウイルスは残っています。厚生労働省の定める基準というのも、~以下というものであって、0ではないからです。そしてどんだけ綺麗な海でも、細菌やウイルスの存在しない海などありえません。

スーパーで売ってる生牡蠣や飲食店で食べる生牡蠣であたるのは、こう言った理由からなのです。鮮度の問題なども当然ありますが、いくら新鮮だろうと生牡蠣にあたるということは避けられない問題なのです。また、ウイルスや細菌以外でも食中毒に似た症状が出ることがあります。それは、主に亜鉛などの栄養の過剰摂取によるものです。生牡蠣には多くの栄養素が含まれており、人の体に様々な効能をもたらせてくれます。しかしそれは、適量の話です。近年では、生牡蠣の食べ放題などをやっているお店も出てきています。もとをとってやろうと、食べ過ぎると後悔することになります。生牡蠣の食べ過ぎによって起こる症状についてはこちらの記事を読んでみてください➡➡生牡蠣を食べ過ぎで起こる危険性

無菌の生牡蠣とは?

生牡蠣を食中毒になる不安を抱えないで食べたい!そう願う生牡蠣好きがたくさんいることでしょう。しかし、そう思うのは消費者だけではなく、誰よりもそう願っているのは、提供者側です。生牡蠣を扱う店では、少なからず生牡蠣にあたったというクレームが入ってきますし、保健所からも厳しい目で見られます。それに、生牡蠣はあたるというイメージが、客足を遠ざけています。そして、生牡蠣を安全に食べてもらいたいという思いがあります。

そんな思いを行動にうつしたのが、日本最大級のオイスターバーチェーンのゼネラルオイスターです。2006年に大流行したノロウイルスにより、倒産寸前の危機を迎え、それを機に牡蠣の安全性について追及し、独自の浄化システムを開発していきました。そして、2014年に海洋深層水による牡蠣の浄化システムを世界で初めて構築し、特許を取得。

海洋深層水による浄化とは、従来の紫外線殺菌と比べ安全で、栄養価に優れ、60時間かけ流しで浄化することによって綺麗な環境を維持し、ほぼ無菌の牡蠣になります。海洋深層水とは、地球上の海水の95%を占めており、水深300mの海には太陽光が届かない為、有害なプランクトンや細菌が少なく、化学物質による汚染も受けにくく2度前後という海水温は、牡蠣の浄化能力が高い。また、ミネラル分が豊富な為、牡蠣の栄養素が増えるという効能ももたらしてくれます!

無菌の生牡蠣が食べられるお店

そんな無菌の生牡蠣は、日本全国にある、ゼネラルオイスターグループで食べることが出来ます!その中でいくつか紹介したいと思います!

□ ガンボ&オイスターバー 新宿ルミネエスト店 □

新宿ルミネエスト内にある、こちらの店はアクセス抜群!ポップでカジュアルな店内は、女子会やデートにピッタリ。季節ごとに様々なイベントを行っており、2018年10月現在では、生牡蠣食べ放題や牡蠣と肉フェアやハロウィンメニューなどがあります!また、季節の食材、魚介類を中心としたコース料理も人気で、もちろん牡蠣三昧のコースもあります。カジュアルお洒落な空間で、牡蠣や白ワインを堪能したい人にオススメです!

□ キンカウーカ グリル&オイスターバー 横浜ベイクォーター店 □

横浜駅北東口から徒歩3分にある横浜ベイクォーターの5階にあるこちらのお店。メニューはガンボと同じですが、なんといっても、みなとみらいの絶景が目の前に広がる最高級の夜景がウリのお店!ベイクォーターで買い物した帰りや、みなとみらいでデートした帰りなどにピッタリ。横浜を一望できるテラス席で、牡蠣を食べる至福の時を過ごせるオススメのお店です!

□ 入善 牡蠣ノ星 □

富山湾の加工センターとレストランを併設したビレッジ。海洋深層水から取り出した牡蠣を味わえ、富山湾の海の幸を素材の美味しさを生かした料理も絶品なお店!オーダー後に海洋深層水の水槽から生牡蠣を取り出し、生牡蠣はもちろん焼き牡蠣や蒸し牡蠣を堪能できます。全テーブルに網を設け自分で調理するスタイルで、牡蠣本来の美味しさを存分に楽しめます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、みんなが望む無菌の生牡蠣について紹介しました!それでも、限りなく無菌に近いだけで、100%無菌ではないのが現状です。これから技術がもっと進歩し、完全に無菌になり、世の中の生牡蠣が安心して食べられるようになって、生牡蠣=あたるというイメージが払拭される日もそんな遠くない未来なのかもしれません!

それでも、今回紹介したゼネラルオイスターの生牡蠣は安心・安全な生牡蠣です。全国に29店舗あり、どれも素敵なお店ばかりです!是非行ってみてください!

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!