プロが生牡蠣に合う薬味を教えます!!

皆さん、生牡蠣に合う薬味って知っていますか??牡蠣の産地によって甘味が強いものや、塩味の強い牡蠣があります。自分に合った薬味を見つけ、牡蠣を美味しく頂きましょう❗️

 

 

生牡蠣の薬味はシンプルにレモンやポン酢!

 

まずはシンプルにレモンやカボス、スダチ、ライムです!

生牡蠣の薬味の中では主流であり、さっぱりとした口当たり。また、生牡蠣特有の生臭さや磯臭さを消してくれるので食べやすく、生牡蠣初挑戦の方でも美味しく食べることができます。季節によってレモンにしたり、ライムにしたりと変えてみるといいかもしれません🎶

レモン醤油やレモンポン酢もオススメの食べ方です。この食べ方で食べる方は多いのではないでしょうか。さっぱりあっさり食べたい方はにはぴったりの食べ方ですね🎶

次はポン酢です。ポン酢は牡蠣を食べるのに決して忘れてはならない薬味になります!

ポン酢には酸味があり、あっさりとした口当たりで生牡蠣を美味しく頂けます!生牡蠣はクリーミーでとても柔らかいため、ポン酢は少なめがオススメです❗️また、おろしポン酢・ポン酢醤油をつけて食べる食べ方もあります。

私がオススメする食べ方は、ポン酢にもみじおろしと万能ねぎを加える食べ方です!家庭でもポン酢のアレンジとして使えるので是非やってみて下さい😋

 

ホワイトバルサミコ酢は生牡蠣と相性抜群!!

 

お酢にはいろいろな種類がありますよね。その中でも特に生牡蠣に合うお酢を紹介していきたいと思います❗️❗️

まずはホワイトバルサミコ酢というお酢です。イタリア産のこちらのお酢は、サラダなどにオリーブオイルと合わせ、ドレッシングとして使うのが一般的ですが、実は生牡蠣にもよく合うんです❗️ホワイトバルサミコ酢はまろやかでとても甘く、フルーティーな風味が特徴です。

生牡蠣に、ホワイトバルサミコ酢をかけるだけでも美味しく頂けますが、アレンジとしてレモンを少し絞ってみたり、生牡蠣にホワイトバルサミコ酢をかけ、塩コショウ少々とオリーブオイルでさらにまろやかにしてみたりといろいろあります。新しい自分好みの薬味を見つけるのもいいかもしれませんね🎶

薬味として男女に人気の白ワインビネガー!

次のお酢は白ワインビネガーというお酢になります。こちらは白ワインを主原料としたお酢になります。こちらもホワイトバルサミコ酢と同様に、サラダのドレッシング・カルパッチョなどで使用するのが一般的ですね。

なめらかな味わいのこちらの白ワインビネガーも、生牡蠣ととっても合うお酢になっています❗️すっきりと爽やかな風味となっているため、女性にも男性にも薬味として気軽に使って頂けます!

白ワインビネガーは素材の味を生かし、また引きたることができるので生牡蠣本来の味を楽しむのにぴったりの薬味になっています。

もちろん、白ワインビネガーだけでも充分美味しく頂けますが、生牡蠣を大葉で巻いて白ワインビネガーをかけて食べるアレンジ方法もあります。また、トマトを角切りにしたり、タマネギをみじん切りにして白ワインビネガーを和えるなどなど。

白ワインビネガーは生牡蠣と相性抜群なのでとても美味しく頂けく事ができ、またいろいろなアレンジができるので楽しく調理して頂けます。

白ワインビネガーを生牡蠣の薬味とする事で、さっぱりとした風味になり食べやすくなるため女性にも男性にも人気の薬味なのではないでしょうか🍽

 

プロが考えた家庭で簡単に作れる生牡蠣の薬味!

 

次は今までのことを踏まえ、生牡蠣に合う薬味を簡単に家庭で作る方法を書いていきたいと思います!

まず、トマト1個を種の部分をとって小さく角切りにします。エシャロット半分をみじん切りにし、水にさらして、水分を良く取りトマトに合わせます。

そこに、塩・こしょう・オリーブオイル・バルサミコ酢・レモン汁・バジルを加えて混ぜたら完成です!

ブルスケッタ風にして生牡蠣を食べます!たまにはイタリアンな薬味もお洒落に美味しくいただけていいのではないでしょうか♪

まとめ

いかがでしたでしょうか🎶自分好みの薬味は見つかりましたか??生牡蠣本来の味を楽しむ事ができる薬味が1番重要になりますが、生臭さや磯臭さを消すための薬味もありますよね🍷

辛いものが好きな方が居たり、甘いものが好きな方もいる。生牡蠣を好きな方もいれば、嫌いな方もいるわけです。

そんな生牡蠣が苦手な人に少しでも美味しいと感じて貰えるように、このようにまた、薬味の記事を書かせて貰いたいと思います。この記事が少しでも皆さんの情報源になれればなと思います❗️こちらの記事もあわせてどうぞ➡➡殻付き生牡蠣の開け方、大根おろしや塩水を使った洗い方と美味しい食べ方

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!