生牡蠣が焼き牡蠣よりノロウイルスに感染しやすいのはなぜ!?対策はあるのか!?

こんにちは、ぽにょです♬
牡蠣は「海のミルク」の異名をとり、昔から多くの人に愛されてきた貝です。そのおいしさもさることながら、高い栄養価を持つことでも知られます。

しかし、牡蠣にはノロウイルスという問題がつきまといます。牡蠣を食べてあたったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?特に生牡蠣は危険であり、体調が優れないときに食すとノロウイルスに感染する恐れがあります。ただその一方で、焼き牡蠣やカキフライにして火を通すとノロウイルスに感染することはないともいわれます。それはなぜなのでしょうか?

今回は、生牡蠣の方が焼き牡蠣よりもノロウイルスに感染しやすいのはなぜなのかといったことや、牡蠣からのノロウイルスの対策や予防法を述べていきたいと思います!

 

ノロウイルスの感染源

a0002_008050

ノロウイルスの主な感染源としては、ノロウイルスに汚染されている牡蠣などの二枚貝を生で食べた場合、また汚染された水道水などの水を消毒不十分で飲んだ場合、あるいは料理を行う人がノロウイルスに感染しており、その人を介した料理を食べることでも起きます。

牡蠣のプロ
牡蠣のプロ
我々料理を行う人間はもちろん細心の注意を払って調理しています!

特に近年は人から人への感染ルートが多く、家庭や職場など人が接する場所でくしゃみや咳、会話の最中に飛んだつばなどに含まれるウイルスを吸入することで感染するケースが多くなっています。もしノロウイルスに感染してしまった場合は、二次感染を防ぐ対策としても治るまではあまり人と接しないほうが良いですね。

また牡蠣からの感染の場合ですが、夏に旬を迎える岩牡蠣はノロウイルスは非常に少ないといわれています。なぜかというと、水深が深いところで育つためです。注意すべきは冬に旬を迎える(今の時代どの季節でも食べられますが)真牡蠣であり、ノロウイルスも温度が低ければ低いほど長期間生存することから冬場にたべる真牡蠣は特に注意が必要であるといえそうです。

 

焼き牡蠣が安全と言われるのはなぜ!?

生牡蠣は危険だと知っていても生で食べたくなりますよね。それだけのおいしさと魅力が生牡蠣にはあります。しかし近年では焼き牡蠣やカキフライを中心に加熱した牡蠣料理も種類が豊富になってきて、お店に行けばさまざまな牡蠣料理が食べられる時代になりました。焼き牡蠣もただ焼くだけではなく、酒や醤油で焼いたり、グラタン風にしたり、バターで焼いたりとさまざまなレシピがありいろんな味を楽しめます。そのほかにも鍋に入れたり酒蒸しにしたりと牡蠣を加熱して使用する料理は多々あります。

牡蠣のプロ
牡蠣のプロ
では果たして焼き牡蠣をはじめとする加熱した牡蠣料理があたらないと言われるのはなぜなのでしょうか?

火の入れ具合にもよりますが、ノロウイルスは一般的には十分な加熱をすれば死滅するといわれています。ただ半生の状態であったり、加熱が不十分であるとまだまだ危険な状態なので十分に加熱しましょう。牡蠣の中心部が85度以上になってから90秒以上の加熱を行うようにしましょう。カキフライであれば高温の油で4分以上揚げると安心です。焼き牡蠣であれば5分以上はしっかり焼くようにしたほうが良いでしょう。

つまり、焼き牡蠣はしっかりとした加熱をすればノロウイルスにかかる可能性は極めて低いといえます。

ただし100%というわけではないので、牡蠣を食べる際は体調に気をつけ、自己責任で食べるようにしましょう。

 

牡蠣からのノロウイルスの予防法と対策

牡蠣からのノロウイルスを防ぐ対策として一番大事なのは、やはり日頃から衛生管理をしっかりとすることです。牡蠣を調理する際は前述した通りしっかりとした火入れを行い、十分な加熱を行いましょう。また牡蠣を調理するのに使った調理器具は必ず消毒しましょう。包丁やまな板、タオルや布巾などは、85度以上の熱湯による消毒が効果的とされます。それから感染防止の基本ですが、牡蠣を触った手は必ず洗うようにしましょう。牡蠣に触る際はビニール手袋やゴム手袋を利用すると便利です。

また多くの人に誤解されがちですが、ノロウイルスは冷凍では弱ったりしません。牡蠣の保存方法として冷凍処理が一般的でありますが、ノロウイルスは冷凍しても寒さに強い耐性を持っています。ノロウイルスを死滅させる方法は加熱か塩素系消毒しかありませんので、冷凍牡蠣を調理する際は常温時よりもさらに十分な加熱が必要です。

生牡蠣であたらないようにするには?

焼き牡蠣やカキフライ、加熱調理したさまざまな牡蠣料理はいろいろな味が楽しめて美味しいです。しかし、牡蠣といったらやっぱり生牡蠣ですよね。生で食べる牡蠣には言葉に出来ないような魅力がたくさんあります。濃厚さであったり、クリーミーさであったり、いろいろな産地で取れた牡蠣ごとに味が違うので、生でも飽きずに楽しめます。牡蠣専門店やオイスターバーへ行ったら、なぜかいつも生牡蠣を最初に頼んでいるという方も多いのではないでしょうか。

牡蠣のプロ
牡蠣のプロ
ただやはり生牡蠣を食べると、中にはあたってしまって体調を崩したりすることもあります。牡蠣にあたってしまう原因はノロウイルスなのですが、では生牡蠣を食べた時にノロウイルスに感染しないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

一番大切なのは体調管理をしっかりとすることです。ウイルス耐性は人によって個人差があるのでなんとも言えませんが、ノロウイルスに対する耐性が低いとどうしてもあたってしまう可能性があるので、そういった自覚がある人は体調の悪い日に生牡蠣を食べるのは控えましょう。こういう基本的なところが一番の対策になります。牡蠣は栄養も豊富なので体調が優れない日に食べたくなる気持ちもわかりますが、ノロウイルスにかかってしまったら元も子もないのでそこはぐっと抑えるようにしましょう。日頃から手洗いやうがいを徹底し、生牡蠣を食べるときは万全な体調で臨みましょう。そうすればあたる確率も下がり、生牡蠣のおいしさをじっくりと味わうことができるはずです。

 

まとめ

焼き牡蠣で牡蠣にあたる確率は極めて低いです。十分な加熱処理を行わないと危険ではありますが、焼き牡蠣にしろ、他の牡蠣を加熱して使用する料理にしろ、牡蠣の中心部が85度以上になってから90秒以上の加熱を行うとノロウイルスは死滅し安全であるといえるでしょう。ただし100%とは言い切れないので、牡蠣を食べる際は自己責任で食べるようにしましょう。

生牡蠣であたる、あたらないは個人差によるものも大きいのですが、体調管理を徹底し、体調の良い日に食べることによってあたる確率は減らせるはずです。日頃から自分自身の健康に気をつけ、自分の体調をコントロールできるようすることがノロを防ぐ対策です。そうしたらノロウイルスを恐れずに、日々生牡蠣のおいしさを堪能できることでしょう。

こちらの記事も合わせてどうぞ!⇒

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!