宮城の生牡蠣が一番美味しい時期はいつ??一年間扱っているプロが教えます!

こんにちは!三陸と言えば生牡蠣をイメージする方が多いと思います!宮城県や岩手県は生牡蠣の生産量はトップクラスです。生牡蠣の旬の時期って冬ってイメージがありますよね?

じつはそんなこともないんです。今回は、一年間を通して生牡蠣を扱っている私が、実際の宮城の生牡蠣の旬の時期などについて書いていきたいと思います!

生牡蠣の旬の時期とは?

さっそくですが、生牡蠣の旬の時期とは?ですが、いつになるのでしょうか?

旬とは、その食材が最も美味しく食べられる時期のことを言いますが、一般的な認識としては11月から3月にかけての冬の時期というのがメジャーだと思います。

では、なぜ冬の時期が生牡蠣の旬の時期なのでしょうか?

それには、牡蠣の排卵の時期が関係しています。牡蠣は海中のプランクトンを食べ成長し、栄養を蓄え排卵すると、身がやせ細り、また次の排卵にむけて栄養を蓄える。の繰り返しです。

ですので、栄養を蓄えて身がぷりっぷりの状態が旬の時期であり、排卵後の身がやせ細った時期は旬ではないということになります。

牡蠣の排卵の時期は、海水温の上昇してくる6月~9月が主な時期になるので、夏は生牡蠣が出回ることはないですし、皆さんも夏場に生牡蠣を食べるイメージはないと思います。

しかし、そんなこともないんですよ!そこを私は伝えたいです!!

今の牡蠣の養殖技術はかなり発展していますし、牡蠣の排卵のタイミングは個体差がありますし、その地域や天候、その年の気象状況によっても変わってきますし、細かく言えば牡蠣を養殖しているその筏ごとでも時期は変わってきます。

なので、排卵をする前の牡蠣を見極めることによって少しずつ産地を変えていくことで、常に状態のいい牡蠣を出荷していくことが出来るのです!

実際、私の店ではそうして一年中美味しい生牡蠣を提供しています!夏場の宮城の生牡蠣でも、かなりぷりっぷりで濃厚ですよ!

それには、信用の出来る牡蠣業者さんと生産者さんの協力があって成り立つことですが。以上のことから、生牡蠣の旬の時期はいつなのか?という問いには、私は一年中とお答えしています!これは是非みなさんにも浸透していってもらいたいです。

更に言うならば、夏の時期には真牡蠣ではなく、岩牡蠣も旬を迎えますからね!一年中生牡蠣は旬なのです!岩牡蠣についての詳しい記事はこちらに書いているので、こちらも合わせて読んでみてください➡➡➡夏が旬の生牡蠣をご存知ですか⁈岩牡蠣の魅力を紹介します!

宮城県の生牡蠣の特徴

次は、宮城県の生牡蠣の特徴について書いていきたいと思います!生牡蠣の産地は日本全国ありますが、それぞれ特徴が違うんです!

牡蠣の成長には、その海域の環境がものすごく影響していて、海水温やプランクトン・海水の栄養素によって変わっていきます。

三陸特有のリアス式海岸は、入り組んだ地形が山からの栄養分を外洋に流れにくくさせ、遠浅な海は牡蠣の養殖に適しているので、昔から牡蠣の養殖が盛んにおこなわれてきました。

そんな宮城の生牡蠣の特徴ですが、殻が大きく縦長で身もしっかり食べ応えがあるのが多く、味は磯の香りがしっかり味わえてクリーミーさよりはさっぱりとしているものが多いです。クセも少なく、生牡蠣初心者さんでも好まれる味ではないでしょうか。

そんな宮城の生牡蠣には、レモンをしぼって食べるのは基本ですが、カクテルソースとかをかけて食べるのも合いますね!

あとは、牡蠣フライにして食べるのも向いていると思います♪生牡蠣を美味しく食べるにはこちらの記事をどうぞ➡➡➡プロが教える、生牡蠣の美味しい食べ方!ケチャップとタバスコを使ってカクテルソース作り

宮城県の生牡蠣の養殖の歴史

日本で牡蠣の養殖が始まったのは平安時代からだったともありますが、宮城の牡蠣の養殖が始まったのはおよそ300年前の1600年代になります。

内海庄左衛門という人が湾内の島々に天然の牡蠣が生息しているのを発見し採取していたが、採取してばかりだと数が減っていくことに気づき、牡蠣の稚貝を採取し海に撒いたのが始まりとされています。

それが地元の漁師の伝わり、牡蠣の養殖の始まりとなっていきます。1800年代になると牡蠣の需要に生産がおいつかなくなり、広島から教師を呼び技術向上をはかったが中々定着せず、1900年代に入りようやく独自の養殖方法を生み出し、生産量が増えていきました。

それから、垂下式・イカダ式・延縄式垂下式と進化していき、現在の牡蠣養殖の技術となりました。

宮城三陸の牡蠣は豊富な栄養に恵まれた海域で育った牡蠣を、独自の無菌海水で浄化する浄化場による安心安全も評価されている生牡蠣となっています!

そんな生牡蠣を家でも食べたい方はこちらから!➡➡➡殻付き生牡蠣の保存方法、プロがおすすめする殻付き生牡蠣はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

宮城の生牡蠣は十分有名ではありますが、まだまだ知られていない部分もたくさんあると思います!今回の記事を通じて、みなさんに宮城の生牡蠣についてもっと知って頂けたらと思います!

宮城の生牡蠣の時期について書きましたが、他の産地の生牡蠣についてもこれから書いていきたいと思います!ので、お楽しみに♬

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!