妊娠中・授乳中に牡蠣を食べてもよい??母乳や胎児への悪影響はあるのか

 

妊娠中、産後、授乳中の女性の方でも、美味しい牡蠣料理や生牡蠣を頂きたい時ってありますよね。しかし、母乳になにかしらの影響があったり、妊娠中ならば赤ちゃんのことが気になり牡蠣を食べるのを抑えている方もいるかもしれません。

今回はプロが分かりやすく牡蠣の栄養素はどのような物なのか。母乳への影響はないのか。などなど妊娠中、産後の女性のために解説していきたいと思います!

 

 

授乳中に生牡蠣を食べるのは危険??

 

結論から言うと、しっかり火を通している牡蠣料理は、妊娠中、授乳中、産後に口にしても大丈夫です!しかし、生牡蠣は食中毒やノロウイルスになる可能性があるので避けた方がいいです。

妊娠中に生牡蠣を口にし食中毒になった場合、いつもの生活ができなくなり母体の栄養不足になる可能性があります。ですので、胎児に重要な栄養が取れなくなるとされています。胎児には直接影響はないですが、間接的に赤ちゃんに影響するということです。母体の精神的にもよくないので、生牡蠣は避けるようにしましょう。

 

 

牡蠣を食べることで母乳に影響はあるの?

 

母親が生牡蠣を食べ、食中毒になってしまっても母乳にバイ菌が入ったりと言った悪影響はありません!

しかし食中毒になると栄養不足により、母乳が出なくなり授乳がでなくなってしまう可能性があります。授乳中も生牡蠣は避けた方がいいですね。

生牡蠣はしっかり火を通すとノロウイルスの原因となる菌を死滅することができます!なので、牡蠣を食べる際には、牡蠣フライや焼き牡蠣、蒸しガキなど、アレンジして牡蠣料理を楽しむといいですね🎶ノロウイルス、食中毒の原因となる菌を死滅するためには、どれくらい加熱すれば良いのか。詳しくはこちらをどうぞ➡➡➡生牡蠣で食中毒にならない為にはレモンが効果的!?

そんな牡蠣は栄養満点!

 

海のミルクと呼ばれている生牡蠣は、食中毒になってしまう危険がある一方で、実は栄養素が豊富にあるので、妊娠中や授乳中にぜひ食べてもらいたい食材のひとつなのです。

低脂肪で高たんぱく質!女性にとって牡蠣は嬉しい食材ですよね。また、亜鉛も豊富にあるので新陳代謝を良くし、免疫力を高めてくれる働きがあります。グリコーゲンやミネラルがたくさん蓄えられているので、貧血気味の方や妊娠中の方にはおすすめの食材になります🎶

妊娠中のストレスやイライラも牡蠣を食べることで抑えることができます!ぜひ妊娠中、授乳中、産後に食べてみてください🎶

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。牡蠣を食べることで、妊娠中、授乳中には赤ちゃんへの影響は決してありません!母乳にバイ菌が入り込むこともないので安心ですね🎶

しかし、生牡蠣を食べると食中毒やノロウイルスになってしまう可能性があります。妊娠中や授乳中に病気にかかってしまうと、母親の栄養不足にり、胎児に必要な栄養が行き届かない可能性も出てきてしまいます。牡蠣はしっかりと火を通し、ウイルスを死滅させてから食べるようにしましょう。

日々の健康管理と加熱処理をしっかりすれば、美味しくて母子共に必要栄養分が入っている食べ物なので、ぜひ安心して食べてください!こちらの記事も合わせてどうぞ➡➡➡牡蠣を食べるとこんな効果が!?重要な5つの栄養

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!