生食用真牡蠣の旬は11月~2月!お取り寄せグルメ・生食可能な通販牡蠣

残暑が終わり、秋の肌寒さを感じる季節になると「冬が旬の真牡蠣(マガキ)」が美味しい季節が到来です!

四季折々の旬の食べ物って、やはりその時期に一番美味しいから旬!ってことなんですよね。

また気温や風景から季節を感じますが、食べ物でも季節の移り変わりを感じます。

これからはお鍋が美味しい季節になりますね。

と言うわけで旬の牡蠣が美味しい理由と、通販で買える生食用生牡蠣をご紹介していきます!

Free-Photos / Pixabay

 

旬の牡蠣だとなぜ美味しいと言われているの?

冬が旬の真牡蠣。真牡蠣は5月~8月に産卵しますが、この時ためていたクリーミーな栄養分を一気に産卵に使ってしまい身がやせてしまいます。同時に味もおちてしまうんです。

牡蠣のクリーミーだと感じる部分が「グリコーゲン」と呼ばれているのですが、このグリコーゲンを蓄え始めるのが10月~4月。

そのため、冬(秋口~春咲き)が真牡蠣の旬で美味しい状態の牡蠣がいただけるというわけなんです。

 

一方で、夏が旬の岩牡蠣。5月~9月の初夏から秋口までが旬とされています。

日本では真牡蠣と岩牡蠣を合わせると、結局のところ年中旬の牡蠣をいただけるんですね。

それぞれの牡蠣の旬の時期にいただくのが、ぷくっと丸くて太っていてクリーミーで美味しい時期と言えます。

 

岡山県産 作業所から直送、超お買い得!!一斗缶・ミニ缶にギッシリ!!

作業所から直送されるので新鮮です!
ナイフ、軍手、殻付き牡蠣の食べ方レシピ付きなのではじめての方も安心できますよね。
みなさんで集まる時にドドーンと購入してみてはいかがでしょうか。

※北海道、沖縄への発送の場合、航空便のためナイフをお付け出来ない場合がございますことをご了承下さい。
※また、内容量は11月~12月前半のシーズン初期は粒がまだ小さいためやや数量が多めに入るそうです。
こちらの商品は11月下旬ごろから発送開始!

マイクロバブルで甘みたっぷり!小粒(S~SMサイズ)だから旨みがぎゅっとつまった九十九島かきが殻付きで生食可能です。九十九島産はサイズは小さめですが、濃厚な味で絶妙な歯ごたえが特徴。そして牡蠣特有の「潮臭さ」や「生臭さ」がありません。生かきにレモンを搾ってかけると絶品です!

九十九島かき!生でも焼きでも美味しさそのままの殻付き牡蠣

※北海道・沖縄は別途送料850円

こちらの商品は11月15日以降に発送開始!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?これからの時期は秋~春先にかけて旬の真牡蠣。年間通してこの季節が旬で美味しいと言われているのは、牡蠣の状態が栄養たっぷりで太っているからなんですね。

自宅でも生食可能な生牡蠣がお取り寄せで食べられます!大勢集まるパーティーやご家族親戚の集まり日にみんなにふるまってみてはいかがでしょうか。

殻むきが不安な方はこちらの記事もあわせて参考にしてみて下さいね➡➡➡殻付き生牡蠣の食べ方と調理法〜プロが教える自宅で簡単にできる方法〜

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!