牡蠣鍋に牡蠣を入れるタイミングって?!牡蠣を食べるタイミングの重要ポイント3つも!!

こんにちは!牡蠣鍋に牡蠣を入れるタイミングってみなさんわかりますか?牡蠣を入れるタイミングもそうですが、入れてからどのくらいがベストな食べごろなのか。肌寒い季節になり、牡蠣鍋が恋しくなってきて、食べる機会も多くなってくると思います!

そんな時に失敗しないように、この記事でポイントを押さえ、最高のタイミングで牡蠣鍋が堪能できるようにしときましょう♪

牡蠣鍋で使うのは加熱用の牡蠣なので

まずは、牡蠣鍋に使う牡蠣はスーパーなどで売っているパックに入っている加熱用を使うことが多いと思いますが、必ず牡蠣に火を通さなきゃいけないってのが一つ目のポイントですね。

牡蠣はどうしても食中毒になる可能性のあるリスクが存在する食材になります。これは生食用の牡蠣にも言える事です。

なので、火を通すことによって、そのリスクをゼロにすることが出来るんですが、目安はどのくらいなのでしょうか??

牡蠣の食中毒の原因でもある、ノロウイルスや腸炎ビブリオなどの細菌は、牡蠣の中心温度が85度以上で1分半以上の加熱で死滅させることが出来ます。

その牡蠣の大きさにもよりますが、沸騰した状態の汁で5分前後煮れば大丈夫だと思います。

牡蠣はぷっくらが一番美味しい目安

2つ目のポイントは、見た目でもある程度判断することができます。

生の状態から、火が入っていくと牡蠣がぷっくらしてきます。これは経験が必要になってきますが、触ってみると中まで火が通って弾力があるのと、まだ中が生で少しぶにゅっとなってるのでは違いがありますので、そこで判断しますが、逆に火を通しすぎるとその弾力がなくなり硬くなっていきます。

なので、程よく弾力があり、最もぷっくらしている状態がベストになります!

半生の牡蠣は美味しくない

3つ目のポイントは、牡蠣を食べるにあたってどの状態が一番美味しくいただけるかという、そもそも論ですが、私は牡蠣を火を通して食べるなら、しっかり火を通して食べるのが一番美味しいと思っています!

他の食材もそうですが、煮たり焼いたり揚げたり蒸したりして調理しますが、基本は火を通しすぎない、むしろ少しレアな状態が最も美味しく、セオリーとなっていますが、私は牡蠣に関しては、半生は絶対美味しくないと思っています。

衛生面上の問題は無しにして、生暖かい半生な牡蠣は美味しくないです。牡蠣特有の生臭さが際立ち、食感もぐにょっとしていて、更には合わせる調味料とも合わなくなります。

例えば、牡蠣フライを例にすると、牡蠣フライにはタルタルソースをつけて食べますよね?でも、生牡蠣にはタルタルソースをつけて食べないし、合わないです。

なので、半生の牡蠣フライにはタルタルソースが合わなくなるんです。

牡蠣鍋にしてもそうです。基本牡蠣鍋と言えば、味噌味が基本ですが、牡蠣に味噌は相性がいいですが、生牡蠣には味噌は基本合いません。

味噌・オイル・ビネガーなどを合わせた味噌ソースとかならまだしも、牡蠣鍋の味付けには生牡蠣は合いませんよね?

そういった意味でも、牡蠣鍋として牡蠣を食べるなら、しっかり火を通すのが美味しく食べるポイントだと思います。

ただ、誤解の招かないように書いときますが、決して火を通しすぎてはダメですw

生臭くなくなるまで火を通せばいいんだろってわけではないです!ちゃんと、ジューシーな牡蠣のエキスが出てくるような火の通し方をするのがベストです!難しいですよねw

ズバリ!牡蠣鍋で牡蠣を入れるタイミング

では一体、牡蠣鍋で牡蠣の入れるタイミングはいつで、どのタイミングで食べるのがベストなのか、実際の牡蠣鍋の作り方を紹介しながら書いていきます!

鍋にだしを入れ、沸騰させ、合わせみそを入れる。

切った野菜・食材を入れていくんですが、火の通りにくい順番から入れることにより、野菜の食感を保ちます!

例えば、豆腐・白滝・白菜の芯・キノコ・長ネギ・牡蠣・白菜の葉の順で入れていきます。

なので、牡蠣鍋に牡蠣を入れるタイミングは、基本野菜などを入れて、ある程度野菜に火を通してから、終盤に入れるのが良いですね!

火加減は中火で、鍋の淵がふつふつするくらいを保って、ぶくぶく沸騰させないようにします。

その状態で牡蠣を入れてから5分程で、牡蠣がふっくらし、ツヤが出てくるので、ベストな食べごろになると思います♬

牡蠣鍋の詳しいレシピはこちらの記事で書いてます➡➡➡牡蠣鍋の簡単にできちゃう人気のレシピ6選!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちょっと堅苦しい記事になってしまった気がしますが、この記事を読んだら、牡蠣に火を入れる注意点がわかり、みなさんベストな状態で牡蠣を召し上がれるようになっていただけたのではないでしょうか♬

牡蠣鍋に牡蠣を入れるタイミングから、牡蠣を食べるタイミングまでを紹介しました!

こちらの記事も合わせてお読みください➡➡➡牡蠣を食べるとこんな効果が!?重要な5つの栄養

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!