石川県で焼き牡蠣を食べ放題味わう!岩牡蠣のお寿司も!

石川県といえば能登産の牡蠣が有名です。石川県の能登半島は日本海側に位置しながらも真牡蠣の養殖に適しており、七尾西湾ではブランド牡蠣である「能登かき」を養殖しています。

また、能登半島はこの時期旬である岩牡蠣の産地としても名が知れ渡っています。能登の天然岩牡蠣は40年以上も前から漁が行われていて、全国的にも有名な輪島をはじめ、珠洲、高浜、柴垣などの産地があります。珠洲は黄金岩牡蠣という希少価値の高い岩牡蠣の産地としても知られています。黄金岩牡蠣はこちらの記事でくわしく紹介しているのでよろしければ是非⇒絶品!珠洲の黄金岩牡蠣を味わおう!

今回は、石川県能登産の牡蠣の特徴から、石川県で地元の能登産の牡蠣をおいしくいただけるお店や、焼き牡蠣を食べ放題たらふく食べられるお店、また滅多に味わうことのできない岩牡蠣のお寿司が食べられるお店などを紹介していきたいと思います。

 

能登かき

e008171b9435023873c93ce336a30f8b_s

能登半島では、冬に旬を迎える真牡蠣の養殖も盛んですが、直接外洋に面した場所では古くから天然の岩牡蠣が採れることで知られています。冬には真牡蠣、夏には岩牡蠣と一年を通して牡蠣を楽しめるのです。石川県輪島の岩牡蠣といえばご存知の方も多いのではないでしょうか。

輪島の岩牡蠣は大ぶりでぷっくらとしていて、とても濃厚でクリーミーです。輪島以外にも能登で採れる岩牡蠣はボリュームがあり、サイズが大きいのが特徴です。能登の天然岩牡蠣は5月から漁がはじまり、7月下旬~8月上旬に身入りのピークを迎えます。身入りも良く、とても味が濃いので生でそのまま食べてもおいしいですし、焼き牡蠣にしてもより旨味が出ておいしくいただけます。

また、能登半島の南側にひかえる七尾湾はリアス式海岸が連なる景勝地として知られています。能登半島の中央部に能登島をはさむようにして七尾北湾、西湾、南湾と別れており、七尾西湾で「能登かき」は養殖されています。西湾は直接外洋に面しないのでほとんど波がなく、穏やかで複数の河川から栄養分が流れてくることから牡蠣の養殖に適しているといえます。「能登かき」は1年牡蠣であるため若干小粒ですが、肉厚で甘味が多く、風味も良いのが特徴です。

 

かき処 海

ここからは石川県のおすすめの牡蠣料理屋を紹介していきます。

まずは「かき処 海」さん。こちらは能登中島にあるお店で、牡蠣の養殖業をしている山下水産の直営店です。営業期間は真牡蠣のシーズンである10月中旬~5月上旬です。おすすめは炭火で焼く焼き牡蠣で10個1000円という破格でいただくことができます。磯の香りがたまりません。またカキフライ定食も非常に魅力的です。ここのカキフライ定食は1000円でカキフライ5個の他に蒸し牡蠣、牡蠣の南蛮漬け、牡蠣ごはん、味噌汁、小鉢、香の物がついてきます。焼き牡蠣以外はほぼ全てのメニューがついてくるという、うれしい定食メニューです。ごはんが牡蠣ごはんというのも良いですね。

人気店であり、休日であれば並ぶのは必須なので、確実に食べたい方は予約をして行くのがおすすめです。

 

太平寿し

こちらは市太平寺にあるお寿司屋さん。石川でも屈指のレベルの寿司が食べられるお店として名を馳せています。

こちらではなんと夏場に能登産の岩牡蠣の寿司が味わうことができます。生牡蠣は醤油よりもポン酢との相性が良いことから一部では寿司はご法度とされてきましたが、こちらでは岩牡蠣ならではの身入りの良さと味の濃厚さを生かしたお寿司があり、意外にも絶妙のハーモニーを奏でています。全国でも岩牡蠣のお寿司が食べられるお店はごくわずかなので、非常に貴重なお店です。

岩牡蠣以外にも鮮魚を一捻りして創られた創作寿司がたくさんあり、ここでしか味わえないお寿司がたくさんあります。石川県のみならず、県外からも多くのお客さんが訪れる人気店です。行くならやはり岩牡蠣が食べられる夏のシーズンがおすすめです。

 

宮本水産 能登かき 焼き牡蠣コーナー

このお店では、地元能登産のワインと牡蠣が同時に味わえます。牡蠣とワインのマリアージュを楽しみたい方におすすめしたいお店です。

真牡蠣のシーズンには90分2800円で食べ放題コースがあり、水揚げされたばかりの能登かきの焼き牡蠣を食べ放題でたらふく食べられちゃいます。1年を通して営業しており、夏場は能登産の天然岩牡蠣が味わえます。岩牡蠣は生牡蠣でも焼き牡蠣でも味わえるので、是非食べ比べてみてください。またこのお店では「牡蠣入りのジェラート」など変わり種のメニューや、夏場には今話題沸騰中の北陸初の回転流しそうめんなど一風変わった料理も楽しめるのが特徴です。

冬には焼き牡蠣食べ放題、夏には岩牡蠣と流しそうめんをいただくのがおすすめです。

木村功商店

「木村功商店」さんは地元能登の牡蠣漁師が営むお店です。牡蠣の目利きには目を見張るものがあり、東京ドームで開催される「ふるさと祭り東京」など、東京を中心に行われる「地元メシフェス」に引っ張りだこです。能登の牡蠣を積極的に全国発信しています。

牡蠣の食べ放題コースでは、炭火で焼き上げる焼き牡蠣だけでなく、カキフライやかき飯、牡蠣のグラタン、牡蠣の春巻きといった牡蠣料理から、地元のうどんまでいただけちゃいます。4000円と他のお店に比べると若干割高な気もしますが、値段以上の料理が味わえること間違いなしです。能登の牡蠣を使った牡蠣料理をとことん味わいたい方には、この食べ放題コースはとてもおすすめです。

ただ、お店に置いてあるのは割りばし、一味唐辛子と紙皿だけなので、飲み物と、焼き牡蠣に調味料を用いたい人は調味料を忘れずに持っていくようにしましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は石川県を代表する能登かきや輪島などの天然岩牡蠣の特徴と、それから石川県のおすすめしたい牡蠣料理店、珍しい岩牡蠣のお寿司が食べられるお店等を紹介してきました。

石川県は日本海側に位置しながらも牡蠣の名産地として有名であり、「木村功商店」さんが積極的に地元メシフェス等で能登の牡蠣を広めているかいもあって、能登は全国でもある程度のブランド力のある牡蠣産地となっています。

石川県は観光名所も非常に多く、この夏観光へ行かれる方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。その時は、是非身が引き締まって濃厚でクリーミーな天然岩牡蠣を一度味わってみてください。冬場は能登の真牡蠣を焼き牡蠣食べ放題でいただくも良し、コース料理で牡蠣づくしの料理を堪能するのも良し。能登には牡蠣を楽しむ方法がたくさんあるので、石川県へ寄った際には牡蠣をたらふく食べればより満足できる旅になること間違いなしです。

こちらの記事も合わせてどうぞ!⇒北海道で焼き牡蠣を食べ放題食べよう!札幌のおすすめ店ベスト5!

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!