焼き牡蠣とウイスキー

みなさんはオイスターバーや居酒屋で牡蠣を食べるとき、どんなお酒を飲まれているでしょうか?

やはり多いのはビールでしょうか。焼き牡蠣とビールさえあればいくらでも飲めて食べれちゃいますよね。日本酒や白ワインも牡蠣との相性が良いことに定評があります。特に白ワインは生牡蠣に合うワインと焼き牡蠣に合うワインが違ったりして色々な組み合わせが楽しめます。生牡蠣には日本酒、焼き牡蠣には白ワインという方もいらっしゃるかもしれません。でもウイスキー派という人は少数派なのではないでしょうか。

スコットランドのアイラ島では、ボウモアというウイスキーを生牡蠣にかけて食べたりするそうです。このボウモアは牡蠣に合うシングルモルトウイスキーとして有名であり、生牡蠣や焼き牡蠣にかけていただいても大変美味しいです。もちろん、ハイボールにして生牡蠣や焼き牡蠣と一緒に味わってもいいですね。今回は、このボウモアの特徴や、牡蠣とウイスキーの関係を探っていきたいと思います。

 

ボウモア

6c848ab3f929d1227fc265f83ae782eb_s

スコットランドの西南のヘブリーズ諸島の最南端に位置するアイラ島。アイラ島にはいくつもの蒸留所がありますが、1779年に地元の商人だったデビッド・シンプソンが作ったこの島最初の蒸留所がボウモア蒸留所です。

アイラ島をはじめとするスコッチ・ウイスキーは日本のウイスキーに比べるとドライでスモーキーであり、クセが強いのでウイスキーに不慣れな人は最初は苦手かもしれません。しかし、ボウモアはスコッチ・ウイスキーの中ではスモーキー感が薄くフルーティーなので、比較的飲みやすいのが特徴です。味わいはシェリー樽らしく甘くて、少しの塩味もあります。また、ボウモアは種類が豊富であり、「12年」「15年」「18年」「25年」と熟成期間別に分かれています。価格、味、香り、アルコール度数も変わってきますが、お求め安く、オイスターバー等に置いてあるのも基本は「12年」のものです。

ボウモアはクセが強いので、最初は水割りやハイボールにして生牡蠣や焼き牡蠣と一緒に味わってみてください。ビールや白ワイン、日本酒だけでなく、シングルモルトウイスキーも牡蠣と相性が良いことが分かると思います。ちなみにシングルモルトとは、一つの蒸留所のみで作られているモルト(大麦麦芽)だけで作られたウイスキーのことです。シングルモルトはスコッチ・ウイスキーの中でもとりわけ奥が深く、種類も豊富です。例えば、アイラ地方にはングルモルトウイスキーを作る蒸留所は8つあり、ボウモア以外にラフロイグが有名です。

 

ウイスキーを牡蠣にかける!?

ウイスキー(ボウモア)を牡蠣にかけて食べる食べ方はスコットランドのアイラ島では定番であり、レストランのメニューにも載っているほどです。新鮮な生牡蠣を開けてそのまま海水で洗い、ボウモアを少したらしていただくとそれは絶品だそうです。アイラ島は牡蠣の産地でもあることから、訪れた観光客にも人気の食べ方となっています。牡蠣殻を器替わりに使うことから、オイスターシューターの起源はこの牡蠣のボウモアかけだという説もあります。ボウモアはウイスキーの中でも磯の香りが強いので、牡蠣との相性も良いのかもしれませんね。

生牡蠣でも産地によって味は変わってくるので、牡蠣のウイスキーがけに興味を持った方は是非いろいろな組み合わせを試してみてください。ボウモア以外にもウイスキーも非常にたくさんの種類があるので、どの生牡蠣にどのウイスキーが合うのか試すのも面白そうですね。また、焼き牡蠣や蒸し牡蠣にウイスキーをかけるとより香り立って楽しめます。焼き牡蠣の食べ放題に行ったら調味料持参のところが多いですが、是非ウイスキーを持っていってください。日本酒をかけて焼く焼き牡蠣は割と知られていますが、ウイスキーをかけて焼くのってあまり知られてませんよね。焼き上がった牡蠣にウイスキーをたらしていただくのもいいですし、ウイスキーをたらしてから焼くとまた牡蠣の香ばしさのマッチして美味しいです。焼き牡蠣とウイスキーの組み合わせ、一度試してみてください。

牡蠣早剥き選手権世界大会ではウイスキーが飲み放題!?

日本でも2012年から毎年開催されている、牡蠣の早剥き選手権。日本中から腕に自信のあるオイスターバー店員や牡蠣漁師が集まります。この日本大会の優勝者は、アイルランドの世界的牡蠣の名産地ゴールウェイで行われる世界大会に出場できるわけですが、ここではなんとアイリッシュ・ウイスキーが飲み放題だそうです。

スコットランドやアイルランドは牡蠣とウイスキーが有名ですから、現地の人は昔から牡蠣とウイスキーを一緒に楽しんできたのですね。現地を訪れると、日本では一般的ではない牡蠣とウイスキーの組み合わせがより身近に感じられるのかもしれません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

牡蠣はもちろん料理として味わっても美味しいですが、やはりお酒と一緒に楽しみたいですよね。ビール派の人や、日本酒やワイン派の人と分かれてくると思います。ウイスキー派の人は少数かもしれませんが、一度試してみるといいでしょう。生牡蠣や焼き牡蠣やその他の牡蠣料理と一緒にハイボールや水割りでいただいてもいいですし、挑戦したい人は生牡蠣にウイスキーをたらしたり、焼き牡蠣にかけていただいてみましょう。特に焼き牡蠣とウイスキーは何といっても香りがたまりません。クセになる味わいがそこにあるはずです。

よろしければ合わせてどうぞ!⇒生牡蠣や焼き牡蠣に合うお酒は?

 

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!