宇品で焼き牡蠣を食べつくそう!

日本で一番の牡蠣生産量を誇るのは断トツで広島県です。全国各地にブランド牡蠣は数あれど、牡蠣の名産地といえば真っ先に広島をあげる人が多いのではないでしょうか。

みなさんは宇品という地区をご存知でしょうか?広島県南区に位置し、広島湾の北側にある町です。広島県は、広島が誇る名産品である牡蠣をもっと身近にたべられるように「ひろしまオイスターロード」という事業に取り組んでいます。瀬戸内海沿岸を中心に、新鮮でリーズナブルな価格で牡蠣を味わえるお店が並びます。中でも宇品にある「ミルキー鉄男のかき小屋 宇品店」は、浜焼きスタイルの焼き牡蠣を手軽に楽しめるお店として人気です。このお店のイメージキャラである「ミルキー鉄男」は名前通りちょっとださいです。ただ地元民には崇拝されており、牡蠣のシーズンである冬には長蛇の列ができます。

今回は、広島が牡蠣をもっと広めるために取り組んでいる内容と、宇品にあるこのかき小屋について紹介していきます!

 

ひろしまオイスターロード

a6d115d60482b39a1e3b878c56a831e1_s

広島は言わずと知れた牡蠣の有名産地です。日本一の生産量をほこり、日本全国の総生産量の約60%以上を占めています。日本で牡蠣の養殖が始まったのも広島県であり、室町時代の後期から実に400年以上の歴史があるのです。広島の牡蠣を育てる広島湾は非常に自然環境に恵まれており、中国山地から流れてくる栄養豊富な水が牡蠣の餌であるプランクトンを増殖させます。このプランクトンを豊富に取り込んだ広島の牡蠣は、高品質で栄養たっぷりな牡蠣へと育っていくのです。

しかし、そんな牡蠣大国の広島にも悩みがあります。それは、その圧倒的な生産量に比べてブランド力が低いことです。現在、多くの産地が生牡蠣をブランド化して知名度を上げていますよね。例えば、北海道の厚岸や、三重県の浦村、兵庫県の室津あたりは都内のオイスターバーや牡蠣料理屋でも定番であり、一度は食べたことがあるという方も多いと思います。広島産の牡蠣はほとんどがむき身となって主に加熱用として出荷されるため、こういった殻付き牡蠣の生産は少なく、質より量というイメージが広がっていってしまいました。

最近ではシングルシード方式で育てられた「かき小町」等、広島からもブランド牡蠣が出てきていますが、広島県がもっと広島かきの魅力を知ってもらおうと取り組んでいる事業があります。それが「ひろしまオイスターロード」です。この取り組みでは、瀬戸内海沿岸を中心に11店舗のかき小屋やレストランが、牡蠣の旬である冬から春にかけてリーズナブルにとれたての牡蠣や焼き牡蠣を提供しています。特にかき小屋では焼き牡蠣1kgを1000円で食べられてとてもお得です。広島の牡蠣は身入りが良く栄養価も高いので、焼き牡蠣にするとより身がしまっておいしくなります。冬に広島を訪れたら安く焼き牡蠣が大量に食べられるのでおすすめです。

かき小屋 宇品店

ひろしまオイスターロードの宇品エリアにあるかき小屋が「ミルキー鉄男のかき小屋 宇品店」です。広島のかき小屋ブームの火付け役ともいえるお店で、真牡蠣のシーズンである10月~5月まで営業しています。また、かき小屋の特徴である浜焼きスタイルを生かして、夏場は「宇品バーベキューガーデン」として営業しています。手ぶらでバーベキューが楽しめて、夏でも焼き牡蠣が食べられます。

全国に広がる新しい食文化となりつつあるかき小屋。バーベキュー感覚で自分達で焼き牡蠣や魚介類を焼いていただくのが特徴です。広島でも名産物である牡蠣をもっと広げようとこのかき小屋を展開しています。瀬戸内海の豊富な栄養で育った新鮮な牡蠣を安く気軽に楽しめる場所として、地域の交流場や新たな観光地としても定着しつつあります。

この宇品のかき小屋は、まず自分達で炭火焼きにする食材を決めてお会計を済ませるシステムとなっています。牡蠣以外にも、アワビやサザエ、ホタテ等の新鮮な貝類からお肉まで楽しめます。焼き方はお店の人が親切に教えてくれるので安心です。ビールはもちろん、ワインも置いてあるので、是非焼き牡蠣と一緒に相性の良い白ワインも味わってみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

牡蠣といえば広島ですが、広島にかき小屋文化が広まりはじめたのは以外にも最近のことなのです。栄養豊富な瀬戸内海のきれいな海水で育った自慢の牡蠣をもっと広げようとする取り組みのメイン事業がかき小屋で、宇品をはじめ、瀬戸内海沿岸に11店舗のかき小屋があります。広島産の身が引き締まったおいしくて濃厚な牡蠣を焼き牡蠣にして楽しめます。

宇品店では夏場はバーベキューも楽しめるので、1年を通して焼き牡蠣が食べられます。歴史ある牡蠣の国である広島で、自慢の焼き牡蠣をたらふく堪能したい方は是非瀬戸内海沿岸で結ばれる「ひろしまオイスターロード」のかき小屋を訪れてみてください。ただいずれのお店も人気店なので、予約をして行かれることをおすすめします。

こちらでは広島の牡蠣養殖の歴史をくわしく紹介しています!⇒広島の牡蠣養殖の歴史

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!