オーブンでの殻付き焼き牡蠣の作り方!温度や時間は!?

殻付き牡蠣は生牡蠣なもちろんですが、焼き牡蠣にしてもおいしいですよね。素焼きにしてそのまま牡蠣の風味を味わっても良いですし、あるいはレモンをしぼっていただくのもおいしいです。

真牡蠣のシーズンである冬場には牡蠣の産地や、最近では東京や大阪をはじめとする都会でもかき小屋が多く並び、殻付き牡蠣の焼き牡蠣を食べ放題食べられます。かき小屋は調味料持参のところが多いので、お好みの調味料と焼き牡蠣の組み合わせが楽しめます。また、オイスターバーや牡蠣料理屋に行くといろいろな味付けの焼き牡蠣が食べられます。

今回は、殻付き牡蠣を家で焼き牡蠣にする際のオーブンでの作り方を紹介していきたいと思います。フライパンでも焼くことはできますが、オーブンの方が簡単に火入りの良い焼き牡蠣を作ることができます。牡蠣がおいしく焼けるオーブンの温度や時間、またおすすめの牡蠣のオーブン焼きのレシピや作り方を紹介していきます!

 

オーブンで焼く際の温度と時間

1c605dc319344fae743ecae755064c67_s

焼き牡蠣を作る際、オーブンの温度は200度~230度くらいが適温です。あらかじめ温度設定をしておいて、牡蠣を焼く際には200~230度くらいになっているようにするといいでしょう。また時間はすでに殻を剥いた牡蠣の場合は5分、殻付きのまま焼く場合は10分程度が理想的です。殻付き牡蠣は殻が平面の方を上にして、オイスターナイフ(無い人はステーキナイフでも可)を右側の上から3分の1くらいのところの殻と殻の間に入れてぐりぐりと開け、貝柱を外せば綺麗に剥けます。最初は難しいかもしれませんが、一度コツをつかめば簡単なので是非挑戦してみてください。牡蠣を剥く際は下におしぼり等を敷くか、軍手をつけてやるといいでしょう。殻付きのままでもオーブンで10分ほど焼けばフォーク等で簡単にこじ開けられるようになるので、殻を剥くのが面倒だという人やどうしても剥けないという人でも簡単に焼き牡蠣を作ることができます。

焼き牡蠣の作り方の手順としては、まずオーブンの温度設定をしてから、オーブンが温まるまでに牡蠣を剥いてから焼くと効率よく焼き牡蠣を作ることができます。あとは焼き上がった身がぷっくらとした牡蠣をおいしくいただくだけです。お好みでレモンを絞ったり、醤油やポン酢をかけたり、あるいはタバスコをかけたりして味の変化を楽しみながら食べると飽きずに何個でも食べられてしまうことでしょう。

 

おいしい牡蠣のオーブン焼きの作り方

上述した通り、殻付き牡蠣はオーブンの温度を200~230度に設定して5分程度焼けばいい感じの焼き牡蠣になります。このやり方で味付け次第で様々な焼き牡蠣を作ることができます。ここからはおすすめの焼き牡蠣のレシピと作り方を紹介していきます。

まずは牡蠣のガーリックバター焼きです。牡蠣の上に薄口醤油と酒を少したらし、市販のガーリックバターを適量乗っけます。その上にパン粉をかけて上のやり方で焼くだけです。簡単ですよね。パン粉とガーリックバターで黄金色に焼き上がるはずです。オイスターバーや牡蠣料理屋でも人気の焼き牡蠣の味が家でも簡単に再現できます。

次は牡蠣の葱味噌焼きです。牡蠣と味噌、そして葱の相性は抜群です。お酒の肴にも最高ですね。合わせ味噌と小口切りにした葱を合わせて焼けば完成です。玉味噌という甘めの味噌を作ればよりおいしいですが、普通の合わせ味噌でも充分でしょう。

次は牡蠣のにんにく焼きです。牡蠣の風味とにんにくの香りが食欲をそそり、何個でも食べられちゃいます。クセになる味わいが口の中で広がります。作り方としては、牡蠣に本だし、刻みにんにく、塩、ごま油を少量ずつかけて焼くだけです。お好みで鷹の爪をかけてもいいですね。

殻付き牡蠣であれば、グラタンもオーブンで簡単にできちゃいます。牡蠣に市販のホワイトソースとチーズを乗っけて焼きます。細かく切ったベーコンやほうれん草を加えて焼くとより本格的な殻付き牡蠣のグラタンになります。焼き上がったら上にパセリをかけて完成です。牡蠣の旨味が凝縮された普通のグラタンとはまた違った味わいが楽しめます。牡蠣が苦手な方もこのグラタンであればおいしくいただくことができるのではないでしょうか。

他にも、チーズとスライスしたトマトで焼けばチーズとトマトの焼き牡蠣ができます。牡蠣にチーズとトマトは相性抜群で、白ワインとも合うので是非焼き牡蠣とワインのマリアージュを楽しんでみてください。

また、かき小屋での焼き牡蠣のように素焼きにした殻付き牡蠣の上にポン酢や醤油等をたらしてももちろんおいしいですが、あらかじめ牡蠣に調味料をかけて焼くとより牡蠣に味が染みわたり風味も増しおいしい焼き牡蠣になります。牡蠣のポン酢焼きや、バター醤油、タルタルソース等をかけて焼くのがおすすめです。カレー粉をかけてもおいしいですね。他にも試したい調味料があれば是非牡蠣にかけて焼いてみてください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

オーブンさえあれば家でも簡単に殻付き牡蠣の焼き牡蠣が作れちゃいます。適切な温度設定と時間を計って焼くだけです。上述しましたが殻付きのままでも10分ほど焼けば簡単に殻が外せて食べられるので、是非家で殻付き牡蠣を調理することがあったら試してみてください。牡蠣を使った料理はフライや天ぷらをはじめ、鍋や味噌汁に入れたり燻製にしてオイル漬けにしたりと色々な料理がありますが、簡単に誰でも出来て色々な味付けを楽しめるのはやっぱり焼き牡蠣です。みなさんも色々試して自分好みの焼き牡蠣を見つけてみてはいかがでしょうか。

ちなみにコンロでも焼き牡蠣は簡単に作れます!くわしくはこちら⇒コンロで簡単に焼き牡蠣を作ろう!

 

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!