歴史ある街並みを感じられる倉敷で焼き牡蠣を楽しむ!

岡山県の倉敷市はかつて江戸幕府の直轄領「天領」であり、物資の集積地としてとても栄えた町です。今でも江戸の風情を感じることのできる町で、特に倉敷川畔は美観地区を象徴する場所の一つであり、観光客も多く訪れる場所です。この倉敷美観地区は多くのドラマや映画の撮影場所にもなっており、夜はライトアップされ幻想的な気分にさせてくれます。

倉敷には美観地区以外にもたくさんの観光スポットがあり、赤レンガが象徴的な倉敷アイビースクエアや日本初の近代西洋美術館である大原美術館があります。また日本のジーンズ発祥の地としても知られ、倉敷市の児島はアメリカで産まれたジーンズをはじめて国産化した町です。倉敷市は瀬戸内海にも面していて、鷲羽山の展望台からは瀬戸大橋の端から端まで絶景を眺望できます。

このように倉敷は多くの観光スポットがあり、歴史ある街並みを感じようと多くの観光客が訪れます。岡山県はあまり知られていませんが実は牡蠣の生産量でも広島についで全国2位です。倉敷市児島でも冬になると焼き牡蠣やかき汁を無料配布する「かき祭り」を開催しています。今回は、倉敷で歴史を感じながら焼き牡蠣を中心に岡山の牡蠣が堪能できる場所を紹介していきます。

 

浜のかあちゃん寄り道 乙島

8ccca218dd5cd2a2ad182426513d2417_s

こちらは倉敷市玉島乙島にある水産物直売所で、寄島町漁協が運営しています。こちらの直売所では瀬戸内海の真牡蠣の旬である1月頃~3月頃までの期間限定で土曜日のみ殻付き牡蠣のつめ放題を行っています。1杯1000円でバケツにつめ放題牡蠣を詰められるので、毎週多くの人で賑わいます。また直売所のそばでかき小屋の営業もしているのでとれたての牡蠣を焼き牡蠣にしていただけます。別途500円かかりますが、バケツ一杯に詰め込んだ牡蠣を計1500円で焼き牡蠣にして食べ放題食べられると考えれば相当リーズナブルなのではないでしょうか。

また倉敷市児島の水産物直売所では日生産や牛窓産の牡蠣を販売しており、こちらもむき身のパックが1パック900円~2000円、殻付き牡蠣が1個130円から買うことができます。オイスターバーで牡蠣とワインのマリアージュをたのしんだり、かき小屋で焼き牡蠣をたらふく食べるのももちろん良いですが、直売所や市場で直接牡蠣を買って家で調理するほうがはるかにお得に牡蠣を楽しめます。焼き牡蠣はフライパン一つで出来ますし、様々な調味料で焼けば味の違いも楽しむことができます。その他フライや天ぷらにしたり、鍋に入れたりと牡蠣は比較的簡単に調理することができるので、興味のある方は是非家庭でも牡蠣を調理してみてください。

 

備中倉敷 瀬戸内庵

こちらは倉敷美観地区の入り口付近にある天然の素材にこだわった「出汁」と瀬戸内の食文化に特化したお店です。出汁は料理、特に和食には欠かせないピースで決して主役ではないですが味を決める大事な要素です。このお店では料理人がこだわりぬいた出汁を購入できます。野菜からとった出汁、本物の味にこだわったいりこ出汁、そして瀬戸内産の牡蠣を使った出汁と、3つの出汁を楽しめます。店舗では試飲も出来るので、是非味の違いを自分の舌で感じ取ってみてください。通販でも購入出来るので、家庭でちょっと贅沢な味を出したいときなどにおすすめです。

またこのお店のもう一つの名物が「牡蠣煎餅」です。煎餅一つに対して瀬戸内産の大粒の牡蠣を丸々1個使用していて、牡蠣の濃厚な旨味と香りを煎餅独特のパリッとした食感と共に味わえます。口コミやメディアに取り上げられて広まり、今では倉敷の美観地区を代表する食べ物となりました。この牡蠣煎餅なら牡蠣が食べられない小さなお子様でも牡蠣の豊富な栄養価を摂取することができます。目の前で焼きあがったばかりの牡蠣煎餅をかじりながら、倉敷美観地区を散策するのももはや定番となりつつあります。

浜焼太郎 倉敷店

浜焼太郎は全国に展開するチェーン居酒屋ですが、倉敷でリーズナブルかつシンプルに焼き牡蠣を楽しみたいならここです。産地直送の新鮮な海鮮類をいただけるのがこのお店の最大の特徴です。中でも浜焼きを売りにしているだけあって、焼きものには定評があります。旬な産地の牡蠣を焼き牡蠣にして食べられ、ハマグリやサザエのつぼ焼き、ホッキ貝やマグロのほほ肉といった希少価値のあるものまで食べられます。

焼きもの以外にも刺身や揚げ物までメニューが豊富なので海鮮づくしを満喫できちゃいます。倉敷で焼き牡蠣が食べたいと思ったらこちらのお店に行けば安く食べれてお酒も思わず進みます。チェーン店ではありますが、クオリティの高いお店なのでおすすめです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は歴史ある街並みが観光客に大人気な岡山県倉敷市で牡蠣を楽しめるお店を紹介してきました。牡蠣煎餅は言わずと知れた倉敷の名物となりつつあるので、倉敷に訪れた際には是非食べてみてください。倉敷で焼き牡蠣をいただけるお店は数少ないので、今回紹介したお店へ行くのも良いですが、直売所で安く牡蠣を買って家で焼き牡蠣にするのもまた良いでしょう。ただ倉敷は本当に美しく歴史が感じられる町なので、牡蠣を食べるにしろ食べないにしろ、一度は訪れて損はない場所なはずです。

 

こちらの記事も是非ご覧ください!⇒岡山で焼き牡蠣を食べ放題食べられるお店3選

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!