気仙沼の焼き牡蠣を満喫しよう!

宮城県の気仙沼は北の県境に位置し牡蠣養殖が盛んである三陸の中でも特に有名な牡蠣の産地です。気仙沼には大きな河が流れ込み、森の栄養をたっぷりと湾内に注ぎこみます。

気仙沼のブランド牡蠣として全国に流通している牡蠣としては、「唐桑もまれ牡蠣」が挙げられます。唐桑で独自の技術で養殖されているため生産量は限られているのですが、大粒で殻からはみ出るほど身入りが良く、甘味が強いことから多くの牡蠣好きの舌を唸らせています。その確かな品質は宮城だけでなく全国から愛され、冬になれば都内のオイスターバーや牡蠣屋でも味わうことができるでしょう。

また気仙沼では一年を通して牡蠣が水揚げされており、一年中おいしい牡蠣を堪能することができます。もっとも、一番おいしくて身入りが良いのは真牡蠣の旬である10月~3月にとれるものに相違ありませんが。今回は、気仙沼でとれる牡蠣の特徴やおいしい調理法、牡蠣の名産地である気仙沼でとれたての焼き牡蠣を満喫できるかき小屋を紹介していきます!

 

気仙沼市唐桑産牡蠣

3a925c931c2cc56f9e83b998b12d531e_s

気仙沼湾は三陸リアス式海岸のちょうど真ん中あたりに位置し、唐桑地区は入り組んだ海岸が作り出す複雑な海流と森が海に繋がる地形が特徴です。森の栄養がたっぷりと注ぎ込まれ、牡蠣の餌となる植物プランクトンが豊富に含まれます。波も静かなことから牡蠣の養殖に最適な場所です。

唐桑産の牡蠣は、上でも述べたように独自の技術で養殖され、大粒で甘味が強く味が濃厚なのが特徴的です。味が濃厚な牡蠣はやはり生牡蠣でいただくのが一番おすすめです。牡蠣の素材の味をそのまま味わってみてください。一度そのまま味わったら後はお好みでレモンやおろしポン酢、あるいはカクテルソース、ケチャップ等をかけて味の変化を楽しむといいでしょう。大粒なので、焼き牡蠣にしても身が小さくならず食べごたえは十分です。焼き牡蠣は無限と言っていいほど調理法があるので、お好みの調味料をかけて焼いてみてください。一般的に有名な焼き牡蠣に合う調味料としては、醤油、日本酒、ポン酢、ケチャップ、マヨネーズ、タバスコ等が挙げられます。殻付きのまま焼くのももちろん良いですが、身を取り出して炒めるのも良いでしょう。

また定番ですが、フライにしてもおいしいです。身入りの良さと濃厚な味わいから、普通の市販されている加熱用の牡蠣のフライとは比べ物にならないほどです。フライはしっかりと火を通すのが基本ですが、生食用の牡蠣であれば、半生の状態でいただくのも良いでしょう。牡蠣独特のクリーミーな味わい絶妙です。塩コショウで下味をつけてそのまま、あるいはレモンやタルタルソースをかけていただきましょう。

あとは佃煮にしても良いですね。牡蠣の佃煮は簡単に作れてご飯が何倍でも食べられるのが魅力的です。お酒との相性も良いですしね。作り方としては醤油、酒、砂糖、しょうがを火にかけ、そこに牡蠣を入れてアクを取りながら煮詰めていくだけです。簡単でおいしい牡蠣料理の代表格です。焦げるのだけ注意してください。

唐桑産の牡蠣は大粒で濃厚なので、どのように調理してもおいしくいただけます。他にも鍋に入れたり、揚げ出しにしたり、パスタに入れたりしても良いですね。是非色々な調理法で牡蠣を食べてみてください。

かき小屋 唐桑番屋

こちらは気仙沼市唐桑町にあるかき小屋で、東日本大震災の復興支援として宮城大学の先生や学生、ボランティアの方々と地元の牡蠣生産者が一丸となって協力してオープンしたお店です。土日祝日のみの営業です。牡蠣の養殖が行われている場所のすぐそばにあり、気仙沼の海と牡蠣の養殖いかだを眺めながら焼き牡蠣が食べられます。唐桑産のとれたばかりの新鮮な牡蠣を焼き牡蠣にしていただけます。

メニューは焼き牡蠣15個で1500円の「唐桑牡蠣セット」と、ホタテ2枚と牡蠣10個で1500円の「みっくすセット」からなります。ホタテも唐桑でとれたばかりの新鮮なホタテです。またご飯ものを食べたい方には「うに丼」をおすすめします。2000円と少々高めですがうにをこれでもかと使用した贅沢な丼です。

旨味抜群で大粒の唐桑の牡蠣は焼き牡蠣にしても身はあまり縮まずよりぷっくらとします。とれたてならではの磯の香りが殻を開けた瞬間に広がり、口に入れたら牡蠣の濃厚な旨味が口の中でとろけます。素焼きで牡蠣の素の味を堪能したら、次はお店に置いてあるポン酢やレモン汁で食べてみてください。焼き牡蠣はレモンやポン酢との相性は抜群であり、また違った味わいを楽しむことができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は気仙沼でとれる牡蠣の特徴やおすすめの食べ方、あるいはとれたての牡蠣を焼き牡蠣にして食べられるお店を紹介しました。牡蠣は様々な食べ方があるので、生牡蠣や焼き牡蠣に飽きてきた方は是非色々な調理法で牡蠣を食べてみてください。

こちらの記事も是非!⇒久美浜の牡蠣は焼き牡蠣にするとおいしい!

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!