昆布を使っておいしくできる2つの焼き牡蠣のレシピと昆布森産の絶品牡蠣!

昆布は主に乾燥させてから出汁を取ることに広く使われ、和食には欠かせない食材です。昆布は食物繊維やカルシウム、鉄分等の栄養素が豊富に含まれており、健康食品としても人気を博しています。また昆布の旨味成分はグルタミン酸であり、これが今や食卓に欠かすことのできないうま味調味料の味の素となっていったのです。

日本の天然昆布は95パーセント以上が北海道で収穫されており、真昆布、羅臼昆布、利尻昆布、日高昆布、長昆布等多くの種類があります。中でも釧路市の東部太平洋側に位置する昆布森では、その名の通り「昆布の森」と言われるほど昆布資源に恵まれた漁場です。昆布森の漁の中心は昆布と秋の鮭ですが、仙鳳趾地区では牡蠣の養殖も盛んです。一年を通して涼しい気候で水温も低いことから一年中牡蠣を食べることができます。昆布森産、特に仙鳳趾の牡蠣は全国でも有名なブランド牡蠣で、都内の牡蠣料理屋やオイスターバーでもよく見かけることができます。

今回は、昆布と焼き牡蠣の相性や昆布と牡蠣の名産地である昆布森の牡蠣について紹介していきます!

 

牡蠣の昆布焼き

fec06afb44edf3b39d9b4c536a36b484_s

昆布焼きは様々な料理に使われ色々とアレンジされたりしていますが、数ある昆布焼きのレシピの中でも牡蠣の昆布焼きは有名な方なのではないでしょうか。牡蠣を置いている和食料理のお店でもよく見かけるメニューだと思います。牡蠣を焼いて調理する焼き牡蠣のメニューの中でも最も「和」を感じられる牡蠣料理の一つです。

作り方は様々ですが、一般的には適当な大きさに切った昆布の上に牡蠣を並べ、軽く塩と酒を振って焼くだけです。オーブンであれば250度で5分程度、フライパンであれば中火で10分程度蒸し焼きにすれば完成です。網の上で焼くときは両面焼くようにしましょう。焼き上がったらレモンやすだちをかけたり、ポン酢をかけたりしていただきましょう。昆布と焼き牡蠣の相性はたまらないはずです。思わずお酒も進んでしまいますね。日本酒や焼酎とのマリアージュを楽しむと良いでしょう。

また牡蠣の昆布焼きは焼く前に塩と酒の組み合わせだけでなく、薄口醬油と酒で焼いたり、塩とコショウで焼いたりしても良いでしょう。牡蠣の素材の味を生かしたい方はほんの少し酒をかけて焼くだけで良いでしょう。若干ですが風味が変わってくるので色々試してみてください。焼き上がった後もレモンやポン酢以外に田楽味噌をかけて食べるのもおすすめです。味噌の甘みと焼き牡蠣の風味がマッチしてこれまた酒の肴に最高です。

 

牡蠣の塩昆布焼き

昆布は様々な料理に加工して使われますが、その代表格が塩昆布です。塩昆布は昆布の深い味わいとしっかりとした味があり調味料として色々な料理に使用されます。スーパーやコンビニで買えて、塩昆布だけでも立派なおかずになるので食卓に馴染み深い方も多いと思います。

市販されているものでも十分おいしいですが、余った昆布や出汁をとり終わった後の昆布を使って塩昆布を作ることもできます。昆布を適当な大きさにカットして、後は鍋に水を張り醤油、みりん、粗糖、お酢と一緒に煮込んでいきます。分量は昆布の量に合わせて調節してください。醤油が多めになるようにしましょう。昆布を煮詰めて水分が無くなってきたら粗熱を取って塩をかけて完成です。ポイントは煮込みすぎないことです。煮込みすぎると焦げやすくなってしまうので気をつけましょう。

塩昆布は焼き牡蠣との相性も抜群です。殻付き牡蠣の上に塩昆布を乗せて焼くだけでおいしい牡蠣の塩昆布焼きが出来上がります。牡蠣と塩昆布は共に塩気が強いので塩昆布は少しだけで十分です。塩昆布と一緒に酒を少しばかりかけて焼くとより深い味わいが楽しめます。

昆布森の牡蠣

次は昆布と牡蠣で全国的にも知名度の高い北海道釧路の昆布森の牡蠣について紹介します。

昆布森は年間を通して気候が涼しく、水温も低いため一年中牡蠣を養殖することが可能です。オイスターバーや牡蠣の専門店では厚岸産の牡蠣と共に一年中見かける牡蠣の一つですね。昆布森産の牡蠣、特に仙鳳趾地区でとれた牡蠣はブランド力も高く、全国にたくさんあるブランド牡蠣の中でも高級品として扱われています。一番の特徴は何と言ってもそのクリーミーさにあります。生牡蠣の味で重視されるポイントとして濃厚さとクリーミーさが挙げられますが、その二つともこの仙鳳趾の牡蠣は高水準です。特に口の中でとろけるクリーミーな味わいは他の牡蠣と比べても群を抜いていて、日本一クリーミーな牡蠣とも言われます。殻に対して身が大きいのも特徴的で、日本人が好む大粒で濃厚でクリーミーな牡蠣なのです。

昆布森産の牡蠣は生牡蠣でいただくのが一番おすすめですが、加熱調理をするなら身入り良さと大きさを生かした焼き牡蠣かカキフライが良いでしょう。焼き牡蠣なら余計な手は使わずシンプルに素焼きにしてレモンを絞っていただくのがおすすめです。フライの場合は塩コショウで下味だけつけて揚げてからはそのまま食べてもおいしいです。カキフライはソースやタルタルで食べるからこそおいしいとも言われますが、昆布森産の牡蠣はその濃厚な味わいからフライにしても素材の味を感じることができるので、何もつけずに食べてみることをおすすめします。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は昆布を使った焼き牡蠣と、昆布と牡蠣の名産地である釧路の昆布森産の牡蠣について紹介しました。家庭で昆布を使って料理をする機会があれば、是非牡蠣の昆布焼きや塩昆布焼きを試してみてください。昆布森産のクリーミーな牡蠣も牡蠣料理屋に行けば必ずと言っていいほど置いてあるので、牡蠣好きな方は一度その濃厚でクリーミーな味わいを堪能してみてはどうでしょう。

こちらの記事も合わせてどうぞ!焼き牡蠣とウイスキーの相性を探ってみました⇒焼き牡蠣とウイスキー

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!