魚焼きグリルで簡単に焼き牡蠣を調理する方法!

そろそろ牡蠣の季節がやってきますね。日本で一般的な牡蠣である真牡蠣は冬場に旬を迎え、今では一年を通して食べることができますが10月~3月の時期が一番身入りが良くておいしいと言われます。

牡蠣は生牡蠣で食べるのが醍醐味だという方も多いかもしれませんが、焼き牡蠣や蒸し牡蠣、フライや天ぷら、あるいは鍋に入れたり炒め物にしたりと調理の幅はとても広いです。中でも殻付き牡蠣の鉄板料理で一番ポピュラーなのは焼き牡蠣でしょう。これからの季節、牡蠣がとれる地域を中心に続々とかき小屋がオープンしていきます。冬場のかき小屋を楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。かき小屋といえば七輪の上で自分達で牡蠣を焼いていくスタイルのお店が主流です。

漁師直営店のかき小屋では殻付き牡蠣の販売をしているところも多く、牡蠣好きの方はお店で食べるより家で調理した方がはるかにリーズナブルなので是非買っていってください。家で焼き牡蠣を作る方法はたくさんあり、例えばフライパンやオーブンでも簡単に焼き牡蠣を作ることができますが、今回は魚焼きグリルで焼き牡蠣を作る方法を紹介していきたいと思います!

オーブンでの焼き牡蠣の作り方はこちら⇒オーブンでの殻付き焼き牡蠣の作り方!温度や時間は!?

 

焼き牡蠣を作る際の基本

b6cd47d88963afe969c8d24f4ef4a92a_s

殻付き牡蠣はフライパンで焼くにしろ、オーブンで焼くにしろ、魚焼きグリルで焼くにしろ牡蠣をあらかじめ開けておいた方が焼く際に楽です。また牡蠣をあらかじめ開けておけば様々な調味料や食材でトッピングするだけで色々なレシピの焼き牡蠣を作ることができます。牡蠣の殻を開けるのは難しそうだと思われる方も多いかもしれませんが、コツさえつかめば数秒で開けることができます。後で殻を開けずにそのまま魚焼きグリルで焼いて火が通ってから殻を開ける方法も紹介しますが、まず殻の開いた状態の牡蠣を焼く方法を紹介していきます。

殻付き牡蠣は開ける前にまず殻をタワシでゴシゴシ洗って殻についた汚れを落としましょう。洗ったら殻を剥いていきます。殻の深い方を下にして、右斜め上の殻の境目からナイフを入れていきましょう。ナイフが入ったら貝柱にぶつかるので、後は貝柱を取り除くだけで牡蠣の殻は開きます。殻が開いたら逆側の貝柱も殻から切り離しましょう。殻に沿ってナイフを入れ、身と貝柱は切り離さないように注意してください。身が外れたら洗って汚れを落としてまた深い方の殻にセットしてください。殻付き牡蠣の剥き方についてはこちらの記事でよりくわしく紹介しています⇒焼き牡蠣のおいしい食べ方!家庭で簡単にできるフライパンで作る焼き牡蠣

牡蠣の殻を剥いたら魚焼きグリルに水を張って、強火でセットします。そうしたら後は魚と同じように焼くだけです。大体5~10分程度焼けば身がぷっくらとしておいしい焼き牡蠣の完成です。素焼きでそのまま食べてもいいですし、レモンを絞って食べるのもいいでしょう。家庭のグリルによって火加減の差はあると思いますが、身がぷっくらと膨らんできたら火が通っている証拠です。加熱用の牡蠣の場合はしっかりと火が通ったのを確認してから食べましょう。生食用の牡蠣の場合はお好みの火入り加減でいただいてください。3~4分焼いた半生の状態の焼き牡蠣もまた独特の食感と味わいが楽しめます。

 

焼き牡蠣のレシピ

次はひと手間かけるだけで様々な味わいを楽しめる焼き牡蠣のおすすめのレシピを紹介していきます。

まずは牡蠣のバター醤油焼きです。殻を剥いた牡蠣の上に適当な大きさに切ったバターと醤油を少したらして焼いていきます。上で紹介したやり方でそのまま魚焼きグリルで焼くだけです。焼き牡蠣は色々な調味料と相性が良いですが、こってり系の味か好きな方に特におすすめしたいのがこのバター醬油焼きです。濃厚な味わいがたまりません。

次は和風焼きです。こちらはあっさり系な味付けが好きな方におすすめです。薄口醬油6、酒4の割合で和風焼きのタレを作り、後は同じように牡蠣の上にかけて焼くだけです。日本酒や焼酎との相性が抜群の焼き牡蠣です。お好みで焼き上がった牡蠣の上に刻んだ大葉と胡麻をかければより風味が増して見た目も立派に仕上がります。

次はガーリックバター焼きです。市販のガーリックバターで簡単に作れます。牡蠣の上に少量の薄口醬油と酒をかけ、ガーリックバターを一つまみ、上をパン粉でかぶせて焼けば完成です。オイスターバーや牡蠣料理屋で定番の焼き牡蠣が、家庭でも簡単に再現できます。

他にも焼き牡蠣は色々な味付けがあり、自分の工夫次第でバリエーションは無限に広がります。是非みなさんも自分好みの焼き牡蠣を見つけてみてください。

殻のまま焼く場合

先ほどは牡蠣の殻を剥いてから焼いたほうが楽で調理しやすいと紹介しましたが、殻を剥くのが困難だという方のために殻のまま焼く方法も紹介します。実際、かき小屋でも殻つきのまま焼いて火が通って殻に隙間が出来たらナイフで開けて焼いていくのが普通です。牡蠣は火を通してもアサリはホタテのようにぱかっと殻が開くことはありません。しかし殻と殻の間に隙間が出来てくるのでそこにナイフを入れれば簡単に殻は開きます。

魚焼きグリルで焼く場合は、グリルに水を張り、そのまま牡蠣を乗せて焼いていきます。中火~強火で5分も焼けば殻が少し開いてくるのでそこにナイフを入れて殻を外しましょう。後は牡蠣の身をひっくり返してもう5分程度、火がしっかり中まで通れば完成です。

牡蠣の殻はレンジでチンするだけでも開けることができます。レンジで1~2分あっためて殻を開けてから魚焼きグリルで焼くのも良いでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は魚焼きグリルで焼き牡蠣を作る方法と、簡単にできる焼き牡蠣のレシピを紹介しました。是非殻付き牡蠣を家庭で調理する機会があったら参考にしてみてください。

こちらの記事も合わせてどうぞ!⇒コンロで簡単に焼き牡蠣を作ろう!

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!