牡蠣が旬の季節!一度は食べたいブランド牡蠣や焼き牡蠣のおいしい味付け!

日本で食べられる牡蠣には2種類あり、冬が旬の真牡蠣と夏が旬の岩牡蠣に分かれます。

真牡蠣はほとんどが養殖された牡蠣であり、逆に岩牡蠣は天然ものが多く、真牡蠣よりも殻がごつごつしているのが特徴的です。一般的にみなさんが牡蠣といって思い浮かべるのは真牡蠣の方だと思います。

真牡蠣は産卵を終えた11月頃から旬を迎え、3月~4月頃に最も身入りが良く栄養豊富な牡蠣になり味の濃厚さとクリーミーさも増していきます。焼き牡蠣食べ放題でお馴染みのかき小屋もこの牡蠣の旬の時期に合わせて11月~4月頃までの営業となっているところが多いです。今の時代牡蠣は一年中獲れ、また夏場には岩牡蠣も獲れることからオイスターバーや牡蠣料理屋で一年中牡蠣を取り扱っているお店も多くなりました。しかし真牡蠣の旬であるこの時期にはより多くのブランド牡蠣が並びます。

今回は牡蠣がのこの季節に是非食べておきたい有名ブランド牡蠣や、牡蠣料理に定番である焼き牡蠣の様々な味付けを紹介していきたいと思います!

 

ブランド牡蠣

61849f479b0d6880b0f718db6b1d6a65_s

牡蠣が旬を迎えおいしい牡蠣が食べられるこの季節は牡蠣好きにはたまらないですよね。オイスターバーや洒落た牡蠣料理屋に行くと氷の上に何種類もの牡蠣が並べられているお店も多いのではないでしょうか。それぞれ産地ごとに形や大きさも異なっていて、食べる前に見るだけでも違いを楽しめると思います。これらがそれぞれの産地でブランド化されたオリジナルの牡蠣です。

牡蠣といえば広島や宮城といった地域を思い浮かべることが多いでしょうし、実際に牡蠣の生産量全国1、2位はこの二県です。特にむき身で出荷され、家庭の牡蠣料理でも使われることの多い加熱用の牡蠣はほとんどが広島県産です。しかし、東日本大震災の後、宮城をはじめとする三陸産の牡蠣が出回らくなったことから全国各地の牡蠣の産地にも目を向けられ、需要が高まったことからブランド牡蠣として出荷する産地が多くなりました。ブランド牡蠣は産地が独自にやっているものを含めると日本だけで100種類以上あるといわれています。市場に流通し、都内の牡蠣料理屋に出荷される有名なブランド牡蠣だけでも30種類ほどの数があります。特にこれからの季節旬を迎えるため、お店に並ぶブランド牡蠣の数もだんだん増えていくと思います。

数あるブランド牡蠣の中でも特に食べて置いて損はない牡蠣を紹介していきます。

 

北海道厚岸産 まるえもん

北海道は一年を通して海水温が低く、一年中出荷される品種も多いです。特に厚岸は牡蠣の名産地として知られ、数種類のブランド牡蠣が生産されています。

「まるえもん」は一年中出荷される厚岸ブランドの牡蠣の代表格であり、宮城種を使用した牡蠣です。飲食店からの引き合いが多く、都内のオイスターバーや牡蠣料理屋でもしょっちゅう目にかかることのできる牡蠣好きにはなじみ深い牡蠣であり、日本で最も有名なブランド牡蠣であるといえるでしょう。

まるえもんはそのふっくらとした身とコクが深い味わいから多くの牡蠣ファンを虜にしています。一年中食べられるとはいえ、どうしても夏場の牡蠣は水分が多く身入りも冬の旬の牡蠣に比べると見劣りします。是非牡蠣が旬のこの季節だからこそ食べてほしいブランド牡蠣です。

 

長崎県小長井町産 華漣

「華漣」は2012年に行われた「かき日本一決定戦」という名実ともに日本一の牡蠣を選ぶ大会で見事初代王者に輝いた牡蠣です。

小長井町は牡蠣の産地としてもともと有名でしたが、この華漣は6世代にもわたり小長井の海で大切に育てられてきた種の中から厳選されて選ばれた小長井牡蠣のエリートです。1粒ずつかごに入れて育てるシングルシード方式で育てられ、通常の牡蠣よりも分厚く育っていきます。

身は小ぶりですが弾力があり、濃厚でミルキーでなおかつジューシーです。一度食べたら病みつきになること間違いなしのおいしさです。名実ともに日本一の称号を手にした牡蠣、一度味わってみてください。

 

広島県産 かき小町

日本全国の牡蠣生産量1位であり、全国シェアの6割もの生産量を誇る広島県。牡蠣といえば広島というほど圧倒的な知名度を誇ります。牡蠣が旬のこの時期からは産地で続々とかき小屋がオープンしていき、地元でとれた新鮮な牡蠣を焼き牡蠣にしてたらふくいただけます。

そんな広島県ですが、牡蠣の生産量は多いもののほとんどがむき身で出荷される加熱用の牡蠣ばかりで、生食用のブランド牡蠣が少ないというジレンマに悩まされてきました。そこで品種改良を経て広島を代表するブランド牡蠣となったのが「かき小町」です。このかき小町は産卵をしないため、産卵に費やされるはずの栄養が成長に回り、通常の牡蠣より早く成長します。またこの栄養によって通常の3倍ほどまで身が大きくなるのも特徴的です。

広島県が苦労して生み出したかき小町、肉厚で濃厚で栄養豊富と品質は最高級の牡蠣です。この広島の抱えてきたジレンマを思いながら食べるとまた感慨深い味わいになること間違いありません。

焼き牡蠣の味付け

旬の牡蠣を家庭でも調理したいという方も多いでしょう。市場で殻付き牡蠣を買うのも良いですし、最近ではネットでも簡単に様々な産地の牡蠣が入手できる時代になりました。そこで家庭でも簡単にできる代表的な殻付き牡蠣の焼き牡蠣の味付けについて紹介したいと思います。

牡蠣料理は数あれど、一番簡単で牡蠣の素材を生かした味わいを楽しめるのが焼き牡蠣です。まずはそのまま素焼きにしていただいてみてください。牡蠣は焼くと身がぷっくらとし、栄養たっぷりの牡蠣汁が溢れ出します。レモンとの相性も抜群なので、焼き上がった牡蠣にレモンを絞って食べるのも良いでしょう。殻付き牡蠣の開け方や焼き牡蠣の焼き方についてはこちらの記事でくわしく紹介しています⇒焼き牡蠣のおいしい食べ方!家庭で簡単にできるフライパンで作る焼き牡蠣 ,コンロで簡単に焼き牡蠣を作ろう!

素焼きで素材の味を楽しんだらあとはお好みの調味料をかけて焼いていきましょう。ポン酢や醤油、マヨネーズやタルタルソースをかけて焼くだけで様々な焼き牡蠣の味が楽しめます。また小口切りにした葱と少量の味噌をかけて焼けば牡蠣の葱味噌焼きの完成です。他にも市販のホワイトソースとチーズをかけて焼くだけで殻付き牡蠣のグラタンの出来上がりです。

焼き牡蠣には無限のバリエーションがあります。みなさんもお好みの調味料や具材と一緒に牡蠣を焼いて自分好みの焼き牡蠣をみつけてみてはいかがでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は牡蠣が旬のこの季節に是非味わっておきたいブランド牡蠣と家庭でも簡単にできる焼き牡蠣の味付けについて紹介してきました。牡蠣の旬のこの時期にしか味わえない味わいを是非堪能してください。

こちらの記事も合わせてどうぞ!⇒牡蠣の食中毒はどれくらいの時間で発症するのか!?焼き牡蠣でもあたる!?

 

 

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!