広島ではとれない夏場が旬の岩牡蠣とは!?千葉外房の牡蠣料理屋ベスト3も!

もう12月に入り、だいぶ冷え込む季節になりました。

この時期はなんといっても牡蠣ですよね!日本で一般的な真牡蠣が旬を迎えるのは11月~3月にかけてであり、ちょうど今の季節です。牡蠣といえば広島を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。広島をはじめとする牡蠣の産地では続々と期間限定で牡蠣小屋がオープンし、賑わいを見せています。都内の牡蠣料理屋やオイスターバーも繁忙期を迎え、牡蠣好きな方がたくさん集まっています。寒い中で炭火でいただく焼き牡蠣も趣があって良いですよね。もちろん旬のこの時期でしか味わえないぷりっぷりの生牡蠣や、冬にぴったりな牡蠣鍋もたまりません。

ところでみなさんは日本でとれる牡蠣には真牡蠣ともうひとつ、岩牡蠣という種類の牡蠣があるのをご存知でしょうか?広島で有名な牡蠣は冬に食べられる真牡蠣であり、岩牡蠣は広島ではとれません。岩牡蠣は主に日本海側が産地となっています。また岩牡蠣が食べられるのは4月~8月にかけてであり、残念ながら今の季節に食べることはできません。しかし、真牡蠣が旬でない夏場には身入りが悪くなるのに対して、夏場が旬の岩牡蠣はぷりっぷりでジューシーです。つまり、日本では夏場は岩牡蠣、冬場は真牡蠣と、一年を通しておいしい牡蠣を食べることができるのです。今回は岩牡蠣の特徴や、岩牡蠣の名産地のひとつである外房の銚子がある千葉県で夏場にはおいしい岩牡蠣、そして冬場には真牡蠣と絶品牡蠣料理が食べられるお店を紹介していきたいと思います!

 

岩牡蠣とは 広島ではとれない!?

4bb0f519feb03022606259dd1de1dc6a_s

岩牡蠣は前述したように夏にを迎える牡蠣で、「夏ガキ」とも呼ばれます。一般的に真牡蠣よりも殻がゴツゴツしていて、身ぶりも大きいのが特徴です。真牡蠣は産卵期の数カ月の間に大量に産卵するため、産卵後は栄養価が落ちて身入りもしょぼくなってしまいます。それに対して岩牡蠣は産卵期に時間をかけてゆっくりと産卵するため、水温が高い夏場でも味が落ちることなくおいしく食べられるのです。

冬の真牡蠣はクリーミーさが売りですが、夏の岩牡蠣の売りはそのジューシーさにあります。真牡蠣よりも身が大きく締まっているので、繊細かつ濃厚、そしてジューシーな味わいが楽しめます。また真牡蠣はほとんどが養殖ものですが、岩牡蠣には養殖ものと天然ものが存在し、流通する牡蠣でも天然ものが多いのも特徴です。

真牡蠣の有名な産地として広島や北海道、三陸が挙げられるのに対し、有名な岩牡蠣の名産地としては、石川県の能登半島、長崎県の五島列島、三重県の伊勢志摩、そして千葉県の房総半島(外房)あたりが挙げられます。真牡蠣は前述した広島、北海道、三陸以外にも日本各地に数々の産地がありますが、岩牡蠣は天然ものが多いこともあり、産地が限られてくるのも特徴のひとつです。真牡蠣が産地によって大きさ、形、味が異なるように、岩牡蠣もまた産地ごとに違った味わいを楽しむことができます。また牡蠣は栄養価が高いことで知られますが、岩牡蠣は真牡蠣よりもタウリンが豊富に含まれており、夏バテ防止にも一役買います。牡蠣は冬場にしか食べられないものだと思われがちですが、夏場には真牡蠣より栄養豊富で身が大きい岩牡蠣が旬を迎えおいしくいただくことができます。

 

つちや食堂

ここからは千葉県で夏には岩牡蠣、冬場には真牡蠣の牡蠣料理が味わえるおすすめのお店を紹介していきます!

まずはこちら、「つちや食堂」さん。岩牡蠣の産地として名高い九十九里にある食堂で、サーファー達の御用達のお店としても知られます。貝類の直売店であり、牡蠣やハマグリといった貝類の水槽が目を引きます。牡蠣やハマグリをはじめ、新鮮な地元の魚介類を使った定食が魅力的なお店です。昔懐かしい雰囲気の店内で、気さくな女将さんがお店を構えます。

夏場のおすすめメニューは地元飯岡産の岩牡蠣定食。新鮮でぷりっぷりな外房の岩牡蠣を堪能できます。またこの飯岡産の牡蠣をフライにしたカキフライ定食もボリューム満点で800円とコスパも抜群。また外房のサーファー達に大人気の「サーファー定食」は目玉焼きと生姜焼きが乗っていて、600円でお腹いっぱいになれちゃいます。その他にも、刺身定食や焼き魚定食等、新鮮な魚介類をメインに据えた定食はどれもおいしいです。牡蠣好きのかたはもちろん、外房へサーフィンをしにきた方にもおすすめお店です。

かき小屋 密漁船

次はJR千葉駅から徒歩5分の場所にある、「かき小屋 密漁船」さん。こちらは宮城県と岡山県産の牡蠣を取り扱っているお店で、夏場には岩牡蠣もいただけます。海の家をイメージしたという店内はまさにかき小屋という雰囲気を醸し出しています。牡蠣以外にも牛タンが名物であり、牡蠣が苦手な方でも楽しめます。

焼き牡蠣の食べ放題も行っており、牡蠣めしつきで90分2980円で好きなだけ焼き牡蠣を堪能できます。90分では物足りない!という方は120分の食べ放題もあるので是非。生牡蠣や焼き牡蠣、牛タンや野菜の焼きものはもちろん、牡蠣料理のメニューも非常に豊富にそろっており、牡蠣とキノコのアヒージョや牡蠣の濃厚マカロニグラタン等、洋風な牡蠣料理もおいしくいただけます。今の時期には鍋もやっていて、牡蠣と明太子が絶妙に絡み合う「明太カキ鍋」は絶品です。

 

ガンボ&オイスターバー  千葉そごう店

最後はこちら。言わずと知れたオイスターバーの名店である「ガンボ&オイスターバー」さんの千葉そごう店。京成千葉駅からすぐの場所にあります。生牡蠣とワインの種類が豊富なことで知られ、夏場には外房の岩牡蠣をはじめ、岩牡蠣が常時3~5種類あり、冬場には広島や厚岸産をはじめとする10種類以上のブランド真牡蠣が置いてあります。また日本の牡蠣以外にもアメリカ産の牡蠣など、世界の生牡蠣を味わうこともできます。

牡蠣をメインに据えたシーフード料理が売りのお店であり、生牡蠣以外にもワインと相性ぴったりな牡蠣料理が豊富にあります。また店名にもなっている「ガンボ」はアメリカのケイジャン料理であり、他では中々食べられないので、このお店に来たら是非一度は味わって損はないと思います。コクとスパイシーな感じがやみつきになること間違いなしです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は牡蠣といえば広島というイメージがある中で、広島ではとれない岩牡蠣の特徴や、夏場には旬の岩牡蠣を、また冬場には真牡蠣を堪能できる千葉の牡蠣料理屋を紹介してきました。

千葉、外房へ行く機会があったら是非参考にしてみてください!

こちらの記事も合わせてどうぞ!⇒神戸の中心街、三宮で焼き牡蠣を食べられるお店3選

 

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!