三重県で岩牡蠣が堪能できる宿3選、食べ放題プランも!

さて、年が明けて、2017年になりました。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

寒い日々が続いておりますが、真牡蠣が旬のシーズンはまだまだ続きます。牡蠣が好きな方は冬休みを利用して産地のかき小屋を巡ったり、養殖場を訪ねてみたりするのも面白いですよね。ただし最近はノロウイルスが流行っているようなので、気をつけたいところです。牡蠣はおいしいし栄養価も高いですが、どうしてもノロウイルスや食中毒というイメージが勝って食べられないという方も多いと思います。実際に生牡蠣を食べてから発症するケースも少なくありません。これは体質なども関係してくるので、個人差もあり一概に牡蠣が悪いとは言い切れませんが、体調管理をしっかりとすることで牡蠣を食べてもあたらたいように対策をすることは可能です。くわしくはこちらの記事で牡蠣とノロウイルスの関係性について述べています⇒焼き牡蠣でもあたる確率はあるのか!?ノロウイルスの症状とは?

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回は牡蠣の名産地が多い三重県で夏場に旬を迎える岩牡蠣を堪能できる宿を紹介していきたいと思います。中には焼き牡蠣が食べ放題食べられるプラン付きの宿もあるので是非チェックしてください!

 

民宿 松村荘

cd9fab639e52d8bd6821b042f1285444_s

まずはこちら。三重県鳥羽市畔蛸町にある海辺の宿、「松村荘」さんです。三重県の鳥羽市で牡蠣といったら浦村町が抜群の知名度を誇りますが、畔蛸町は岩牡蠣の産地として名を馳せています。畔蛸町では岩牡蠣以外にも漁業が盛んであり、沿岸漁業や真珠や海苔の養殖が行われています。

こちらの宿では、地元畔蛸で水揚げされた新鮮な魚介類が低価格で楽しめます。冬場には自家養殖の真牡蠣、そして夏場にはぷりっぷりの天然ものの岩牡蠣が味わえます。また海辺の宿だけあって、ロケーションも抜群です。時間帯によって変わる海と太陽の景色が美しいです。他にも竹炭風呂がこの宿のおすすめです。一日の終わりに、疲れがとれて美肌効果も得られること間違いなしです!

ここではなんと焼き牡蠣食べ放題つきの宿泊プランもあります。すべて1泊2食付きで、海幸2品+焼き牡蠣食べ放題のプランが平日10200円、日・祝日だと12000円、海幸1品+焼き牡蠣食べ放題のプランは平日8600円、日・祝日は10200円、船盛りプラン+焼き牡蠣食べ放題は平日7000円、日・祝日は8400円となっています。夕食の内容はその日によって変わりますが、海幸プランにすると伊勢海老が食べられるのが魅力的です。ちなみに、焼き牡蠣の食べ放題は90分制となっています。冬場の真牡蠣のシーズンには多くの人が訪れるので、早めに予約をされることをお勧めします。

 

美浦荘

次はこちら。三重県の中でも屈指の牡蠣の名産地として知られる浦村町にある「美浦荘」さん。浦村町は日本でも指折りのかき小屋激戦区でもあります。こちらの記事では浦村町に数あるかき小屋の中でも特におすすめしたいかき小屋を紹介しています⇒三重で焼き牡蠣を食べ放題食べられるおすすめのお店4選

「美浦荘」さんは独自の牡蠣養殖場を持っているため、一年を通して牡蠣を食べることができます。もちろん夏場には身入りの良い岩牡蠣がいただけます。生牡蠣としてだけでなく、フライやグラタン、味噌焼き等、様々な牡蠣料理にしていただけるので、舌鼓を打つこと間違いありません。また9月末~4月末まではなんと牡蠣料理が食べ放題で楽しめます。とれたての新鮮な牡蠣料理をたらふく満喫できちゃうのです。牡蠣コースは平日8800円、土曜10800円、また伊勢海老やアワビのお造りを堪能できる船盛りコースは平日10800円、土曜12800円となっています。

おいしい牡蠣料理以外にも、客室や大浴場から眺める本浦の絶景が魅力的です。眺めが良い展望露天風呂は24時間入浴可能で、お風呂には牡蠣のエキスが含まれています。牡蠣のエキスは肌にとても優しいので、是非牡蠣を肌で感じながらリラックスしてみてください。

いかだ荘 山上

最後はこちら。三重県志摩市磯部町的矢にある旅館です。的矢といえば「的矢かき」というブランド牡蠣で知られていて牡蠣好きなら誰でも知っているであろう町です。的矢かきは冬場の真牡蠣はもちろん、夏場の岩牡蠣も絶品です。こちらの宿ではこの的矢かきをフルコースで満喫することができます。

5月~8月中旬までは岩牡蠣の宴会コースが人気を博しています。お値段6000円~となっており、生牡蠣、焼き牡蠣、カキフライといった定番の牡蠣料理をはじめ、牡蠣の南蛮漬け、牡蠣蕎麦、牡蠣のセイロ蒸し等、これでもかというほど的矢の牡蠣をフルコースで味わえます。10月~3月には真牡蠣を使った的矢かき料理のフルコースがこちらも6000円~味わうことができます。またオプションで伊勢海老をいただくこともできるので、伊勢志摩に来たからには贅沢に行きたい!という方は思い切って牡蠣のフルコースと伊勢海老を堪能するのも良いでしょう。宿泊のお値段は時期や部屋や料理のコースによって様々ですが、大体1泊12000円~30000円ほどとなっています。贅沢なひとときを過ごしたい方におすすめしたい宿です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、牡蠣の名産地が多いことで知られる三重県でおすすめしたい夏には岩牡蠣、冬には真牡蠣が堪能できる宿を紹介してきました。かき小屋や牡蠣料理屋でいただく牡蠣料理ももちろんおいしいですが、牡蠣の産地の近くには新鮮な牡蠣を提供している旅館や民宿も多く、泊りで旅行に来られる方は宿でいただく牡蠣料理も絶品なのでおすすめです。またこれらの海辺の旅館は往々にして良い眺めや露天風呂を売りにしているので、牡蠣料理に舌鼓を打つと同時にゆったりと心をリラックスすることもできるのではないでしょうか。

こちらの記事も合わせてどうぞ!⇒石川県で焼き牡蠣を食べ放題味わう!

 

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!