牡蠣で食中毒になったときの症状や潜伏期間は!?食べてから何日後にあたるのか??

こんにちは、ぽにょです♬

牡蠣といえばこの時期を代表する冬の味覚ですよね。そのおいしさで昔から多くの人々を虜にしてきて、またその栄養価の高さから「海のミルク」の相性で親しまれています。

しかし、牡蠣にはどうしてもついてまわる悪いイメージがあります。それが食中毒です。昨今では一年中牡蠣が、オイスターバーや牡蠣専門店で食べられますが、例年、冬の時期になるとたくさんのかき小屋もオープンして牡蠣のシーンが盛り上がりを見せます。

それと同時に、牡蠣といえば食中毒が心配だよね、という巷の声も多くあがります。牡蠣は食べたいけどあたるのが怖いという方や、実際に過去に牡蠣にあたったことがあり嫌いになってしまった方も少なからずいるのではないでしょうか。

牡蠣のプロ
牡蠣のプロ
今回は実際に牡蠣で食中毒になってしまったときにどんな症状が出るのか、潜伏期間はどのくらいなのか、牡蠣を食べてから何日後にあたるのか、夏場に旬を迎える岩牡蠣を食した場合でもあたることはあるのか、といったことを述べていきたいと思います!

牡蠣による食中毒の症状と潜伏期間

牡蠣 ウイルス

牡蠣による食中毒の原因はほとんどがノロウイルスです。感染力が強く、ちょうどこの冬場の時期に発生しやすいウイルスです。牡蠣やアサリ、ハマグリといった二枚貝は、身体の構造的に海水に紛れ込んだノロウイルスを取り込みやすく逃がしずらくなっています。内臓にウイルスを蓄積させていってしまうのです。我々の生活排水が海へ流れ、そこにあるノロウイルスを牡蠣が取り込み蓄積させていきます。ただもちろんすべての牡蠣にノロウイルスが入っているわけではありません。

牡蠣のプロ
牡蠣のプロ
確率でいえば、約15分の1くらいの確率でノロウイルスのような食中毒原因菌を含む牡蠣があるといわれています。

ノロウイルスによる食中毒の主な症状としては、激しい嘔吐や腹痛と下痢、38度以上の発熱などが挙げられます。初期症状として微熱が出始めてから、腹痛や頭痛、そして嘔吐や下痢といった具合に段々と重くなっていくケースが多いです。これらの症状は3日以内で収まることが多く、健常者であれば1日~2日で回復へ向かいます。後遺症もなく、またノロウイルスに感染したからといって必ず食中毒の症状が表れるわけでもありません。個人差があり、人によっては軽い風邪程度の場合もあります。潜伏期間は24~48時間程度であるといわれます。

牡蠣のよる食中毒の原因はほとんどがこのノロウイルスによるものですが、ノロウイルス以外にも食中毒の原因菌となるものは存在します。代表的なのは、貝毒と腸炎ビブリオです。貝毒は潜伏期間が短く、症状が発症するまで早ければ30分、遅くても4、5時間以内には症状が出始めます。症状としては下痢や吐き気、めまい等が挙げられますが、発熱はありません。牡蠣を食した後すぐに体調が悪いと感じたら貝毒を疑った方が良いでしょう。腸炎ビブリオの場合は、潜伏期間は5時間~90時間と非常にばらつきがありますが、激しい腹痛と下痢が必ず伴います。嘔吐と発熱が症状に出る場合もあり、他の食中毒に比べて初期症状が重くのしかかるのが特徴です。また腸炎ビブリオは夏場に多く、夏場牡蠣を食べて食中毒になってしまったときはこの腸炎ビブリオである可能性が高いです。

 

岩牡蠣もあたるのか?

岩牡蠣

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここまでは牡蠣による食中毒の原因やその症状や潜伏期間を述べてきました。ただこれらは冬場に旬を迎える真牡蠣の場合で、夏場に旬を迎える岩牡蠣は一般的にあたりにくいと言われています。

岩牡蠣があたりにくいといわれる所以は、岩牡蠣は真牡蠣が浅瀬で養殖されるのに対して、水深が深いところで育つからです。岩牡蠣は天然ものが多く、基本的に河口から離れた深い場所に生息しています。ウイルスや細菌は浮いてくるので海面の近くに溜まっていきます。そのため、水深が深いところで育つ岩牡蠣は安全であると言われます。

ただし、最近では岩牡蠣による食中毒のケースも出てきているので、絶対に安全であるとは言いきれません。
それでも上記の理由とノロウイルスが猛威を振るうのが冬場であることを考慮すれば、岩牡蠣は真牡蠣よりは食中毒になる可能性が限りなく少ないと言えるでしょう。

焼き牡蠣でもあたるの??

焼き牡蠣

ノロウイルスは一般的に加熱すると死滅するといわれていますが、焼き牡蠣には本当に食中毒の心配性は皆無なのでしょうか?

実際にノロウイルスをはじめとする細菌は85度以上加熱すると感染性を失います。なので焼き牡蠣やカキフライ等、牡蠣を加熱した料理で食中毒になることはほとんどありえません。実際に焼き牡蠣をメインで食べるかき小屋での食中毒になるケースはごく稀です。もし焼き牡蠣であたってしまった場合は加熱が不十分で半生の状態であった可能性が高いです。牡蠣の中心温度が85度になってから90秒以上加熱すると安全です。具体的には焼き牡蠣であれば5分以上、ボイル牡蠣であれば沸騰したお湯で1~2分加熱、フライであれば高温の油で4分以上揚げると安心して食べられます。

このようにしっかりと火を通した焼き牡蠣であれば食中毒の心配は無く、安全といえます。牡蠣の食中毒の危険性が高いのはやはり生牡蠣です。お店でいただく生牡蠣はオゾンや紫外線でしっかりと除菌されていますが、これも100%ではありません。

牡蠣のプロ
牡蠣のプロ
自分の体調が優れないときにはあたる確率も高くなってしまうので、生牡蠣を食べる際は自己責任だということを自覚して、体調の優れているときに食べるようにしましょう。

また、上でも述べた通り焼き牡蠣にしても半生の状態ではウイルスが死滅されていない場合が多く、食中毒になるケースも存在します。かき小屋では焼き牡蠣を焼く時間を指定しているお店も多いので、かき小屋で焼き牡蠣を食べる際はその指定された焼き時間を守っていればほぼ確実に安全であるといえるでしょう。

牡蠣にあたるのは食べてから何日後?

上にも書きましたが、ノロウイルスに代表される食中毒の原因菌が体の中へと侵入してきてから腹痛、下痢、嘔吐、発熱といったような症状が出てくるまでの時間は約14時間~24時間ほどです。なので、もしあたってしまった場合は牡蠣を食べてから遅くとも2日以内に症状が現れるでしょう。早ければ半日もしないうちに症状が現れてきます。前日の夜に牡蠣を食して次の日の早朝には症状が出ているというケースも少なくありません。牡蠣を食べてから数日は食中毒にあたる危険性があるということを頭に入れて置いた方が良いでしょう。

牡蠣による食中毒の原因と対策

ここまでは、牡蠣による食中毒の症状や潜伏期間などについて書きましたが、牡蠣にあたる原因やあたった時の対策、あたらないようにする対策などについては長くなりすぎるので、別記事で書いたので、そちらをご覧ください♬➡➡➡生牡蠣で食中毒になる原因。食中毒にならない対処の仕方は??

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は牡蠣による食中毒の原因や症状や潜伏期間、何日後にあたるのか、また岩牡蠣や焼き牡蠣でも食中毒になるのかといったことを書いてみました!

●ノロウイルス・腸炎ビブリオ・貝毒が原因となり、吐き気や下痢、発熱を起こす。

●潜伏期間は24時間~48時間で、二日以内に発症。

●岩牡蠣や焼き牡蠣でも注意が必要。

栄養豊富でおいしい牡蠣ですが、ノロウイルスをはじめとする食中毒の問題とは切っても切れない関係にあります。みなさんも食中毒に気をつけながら、楽しい牡蠣ライフを送ってください!

こちらの記事も合わせてどうぞ!⇒オーブンでの殻付き焼き牡蠣の作り方!温度や時間は!?

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!