仙台・松島で心行くまで焼き牡蠣を堪能できるお店3選

宮城県は三陸地方をはじめ、非常に多くの牡蠣の名産地を誇ることで知られています。養殖牡蠣の生産量でも広島県に次いで全国2位の生産量を誇っています。2011年の東日本大震災では壊滅的な被害を受けましたが、徐々に復旧し、今では再び日本が世界に誇る牡蠣の名産地としての名声を取り戻しました。

そんな宮城の県庁所在地であり、中心都市といえば仙台、そして宮城を代表する観光地といえば日本三景のひとつである松島ですよね。仙台と松島には常に全国、いや世界から多くの人々が訪れてきます。仙台といえば牛タンのイメージが強いかもしれませんが、せっかく宮城に来たんだったら牡蠣を食べておいて損はないでしょう。特に牡蠣が旬を迎えているこのシーズンは焼き牡蠣食べ放題のかき小屋もオープンしていて、牡蠣好きにはたまらない季節です。

今回は、仙台と松島で心ゆくまで牡蠣を堪能できるお店、生牡蠣や焼き牡蠣をおいしくたらふく食べられるお店を紹介していきます!宮城県の牡蠣養殖の歴史や現状についてはこちらの記事でくわしく紹介しているので、よろしければ是非⇒宮城県の牡蠣養殖

 

焼がきハウス

まずはこちら。松島にある「焼がきハウス」さん。三陸沖で水揚げされた魚介類や海産物を扱う「松島さかな市場」の中にあるお店です。松島の冬の味覚といえばやはり牡蠣ですが、牡蠣以外にもたくさんの旬の魚介類を味わうことができます。ここでは「まぐろタンタンメン」や「松島かきバーガー」等オリジナルのここでしか味わえない海鮮料理が堪能できます。ちなみに松島さかな市場の最寄りの駅である松島海岸駅までは、仙台から40分ほどで行けます。

焼ガキハウスさんの最大の売りはなんといっても焼き牡蠣の食べ放題です。焼き牡蠣の食べ放題は朝の8時半から16時まで行っています。お昼の時間帯はどうしても混みあってしまい、特に今のシーズンは数時間待ちになってしまう場合もあるので朝の時間帯がねらい目です。食べ放題は45分で牡蠣飯と牡蠣汁がつくAコースが2500円、焼き牡蠣のみのBコースが2000円となっています。ここの焼き牡蠣は網の上で焼くのではなく、テーブルの中央に置かれた大きい鉄板で蒸し焼きにしていくのが特徴です。100個以上の牡蠣を一度に焼き上げていくさまは豪快であり、圧巻です。

45分と制限時間は比較的短いですが、その間目の前で蒸し焼きにした山積みの牡蠣を段々減らしていく作業がまた面白いです。そのままでももちろん、味に変化が欲しいときはポン酢が置いてあるのでポン酢をかけていただくと良いでしょう。また有料ですがレモンもあるので、レモンとポン酢を交互に味わうのも良いですね。松島に訪れたら、絶景を堪能しつつ焼き牡蠣の食べ放題でお腹を満たしてはいかがでしょう。

 

かき小屋 仙台港

次は仙台にあるかき小屋を紹介します。こちらは仙台港にあるかき小屋で、三陸宮城産の牡蠣を一年中炭火焼きにしていただくことができます。営業時間は10時~16時で、外でやっているお店なので磯の香りを感じつつ抜群の雰囲気の中焼き牡蠣を堪能できます。外でやっているため悪天候の場合は臨時休業となることもあるので、その辺は悪しからず。

焼き牡蠣用の殻付き牡蠣は8個で1000円、炭代100円、レモン30円で焼き牡蠣楽しむことができます。醤油とポン酢はテーブル内に置いてありますが、調味料の持ち込みは自由なので、自分好みの焼き牡蠣に合う調味料を持ち込むのもありでしょう。また焼き牡蠣食べ放題のプランもあり、なんと時間無制限で一人2700円です。炭代もかかりません。時間制限がないので自分のペースで思う存分焼き牡蠣を食べられます。これはコストパフォーマンスも良くお得ですね。

その他にもお持ち帰り用の加熱用殻付き牡蠣が1箱(20~30個)2500円で買って帰ることができます。仙台港に来たお土産として、友人や家族に三陸の牡蠣というのもなかなか粋ですね。牡蠣は好き嫌いが分かれるので、あらかじめ牡蠣が好きと分かっている方へのお土産として最適だと思います。

牡蠣バル TOBIUME 仙台駅前店

次は焼き牡蠣の食べ放題が売りのかき小屋と打って変わって、洒落た雰囲気のオイスターバルを紹介したいと思います。仙台駅前にあるこちらの「牡蠣バル TOBIUME」さん。こちらは三陸でとれた海の幸を堪能できるお店で、牡蠣をはじめ、ホタテやサバ等もすべて三陸産という徹底ぶりです。営業時間は17時~3時までで、夜遅くまで営業しているので、最後締めに三陸産の魚介類とワインのマリアージュを楽しむのもなかなか良いのではないでしょうか。

おすすめしたいのはやはり三陸産の牡蠣を使用した生牡蠣と焼き牡蠣です。生牡蠣は生牡蠣用のソースもあり、味に変化をつけながら楽しむことができます。特に仙台味噌ソースはここでしか味わえないので、一度仙台味噌と牡蠣の相性を自分の舌で感じてみると良いでしょう。焼き牡蠣はオーブンで焼き上げたもので、山葵タルタル、香草バター、味噌チーズ、うにクリームと味付けがあります。かき小屋でいただく素焼きにした焼き牡蠣もいいですが、オイスターバルでいただく様々な味付けで見た目も綺麗な焼き牡蠣を味わうのもまた良いですよ。白ワインと一緒にいただくのがおすすめです。

牡蠣以外にも三陸産の海の幸を使ったおいしい料理がたくさんあります。夜遅くに仙台で牡蠣や魚介類を楽しみたいときにはうってつけのお店です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は宮城、いや東北地方を代表する大都市である仙台と、観光地である松島でおすすめしたい牡蠣料理屋を紹介してきました。今の時期はとても寒いですが、同時に牡蠣が食べたくなる季節ですよね。仙台や松島を訪れたら是非今回紹介したかき小屋やオイスターバルで舌鼓を打ってみてください。

こちらの記事も合わせてどうぞ!⇒東京でおいしい岩牡蠣が食べられるおすすめのレストランbest3

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!