岩牡蠣と真牡蠣の相場は?30種類以上の牡蠣を紹介!

今回は、生牡蠣の紹介をしたいと思います。それぞれの牡蠣の特徴と共に私が実際にお店で出していた金額も紹介していきたいと思います。

生牡蠣を食べたいけど、相場はいくらくらいなのか?岩牡蠣食べたいけど、予算はどれくらいするものなのか?生牡蠣ってどうしても高いイメージがあるので相場は気になりますよね。この記事を見て、自分好みの牡蠣を見つけながら相場を把握し、牡蠣を食べにいきましょう!

 

北海道 昆布森産 真牡蠣 780円~1280円(サイズにより)

知る人ぞ知る、不動の1番人気の牡蠣です。旬である11月~12月初めの昆布森産は、ぷりっぷりでクリーミーさが尋常じゃないです。濃厚な牡蠣が好きな人には是非一度食べてもらいたいです。他を圧倒する味に感動すること間違いなし!

 

北海道 厚岸産 まるえもん 真牡蠣 780円

こちらも人気のブランド牡蠣です。肉厚でぷりっとした身で臭みも無く濃厚でクリーミー。クセのない甘みで清涼感のあふれる香りで食べやすい牡蠣です。また、一年中食べられる牡蠣なので、大体どこのお店にも置いてあると思います。

 

北海道 厚岸産 かきえもん 真牡蠣 720円

シングルシード方式で育てられた純厚岸産の牡蠣です。小粒ながら身はふっくらとしていて、コクがあり甘みがとても濃厚です。

 

北海道 浜中町霧多布産 真牡蠣 680円

水温の低い浜中町。自然豊かな火散布沼の栄養を存分に受けて育った絶品の牡蠣。味も良く、北海道の牡蠣の中ではさっぱりしていて食べやすい牡蠣です。

 

岩手県 米崎町産 雪解け牡蠣 真牡蠣 670円

雪が解けるころ、春にしか食べることのできない幻の牡蠣。身は大きく、濃度がちょうどよくミネラルたっぷりの牡蠣です。

 

岩手県 釜石湾産 真牡蠣 600円

淡白でありながらも爽やかな旨味のある牡蠣です。いくつ食べても食べ疲れしない、何個でも食べれちゃう牡蠣です。

 

宮城県 石巻市 万石浦産 真牡蠣 580円

湖のような穏やかさで、さざ波のゆりかごに揺られて育った牡蠣の豊潤な味わいはきっと食する人を虜にします!ジューシーでフレッシュな味わいが特徴です。

 

宮城県 松島産 真牡蠣 580円

ぷっくりとしたツヤのある身とまろやかな磯の香りが広がります。後から来る甘味で旨味のあるクリーミーな味わい。

 

宮城県 女川産 真牡蠣 480円

三陸の牡蠣らしく潮の香りが豊かで、塩気もしっかりある味わい。引き締まった歯ごたえのある旨みとコク。

 

兵庫県 室津産 真牡蠣 380円

塩分とクリーミーさのバランスが絶妙。貝柱の甘みが特に強く、余韻が口の中に長く残ります。

 

兵庫県 坂越産 真牡蠣 390円

小粒ですが、身はしっかりとしていて、ミネラル感が強く感じられる牡蠣です。

 

三重県 鳥羽市浦村町産 真牡蠣 380円

旨味のある海の香りとさっぱりとした潮の香り。ぷりぷりでツルツル。

 

三重県 答志島桃取町産 真牡蠣 450円

桃こまちの愛称で知られている全国的にも有名な牡蠣で、プリッとしていて甘みが強く身が引き締まっています。

 

徳島県 鳴門産 真牡蠣 680円

鳴門海峡の潮の流れと豊富な自然に恵まれた海に育てられた身は、ジューシーでとろけるような濃厚な味わいと、さわやかな喉越しが最高です。

 

福岡県 門司産 真牡蠣 560円

門司はあまり知られていないようで知る人は知っている名産地です。小粒なのに中身はぷっくりしていて旨味が凝縮されています。

 

大分県 国東産 真牡蠣 560円

透明感のある香りと飽きのこないすっきりした後味が特徴です。食べ始めると止まらなくなり、また生牡蠣が苦手だという人にもおすすめしたい牡蠣です。

 

佐賀県 大浦産 真牡蠣 520円

シングルシード方式で一粒ずつ丁寧に育てられた牡蠣で、牡蠣特有のえぐみ苦味がなく歯ごたえがあります。一口目は強い塩気が感じられますが、最後には甘みを感じられます。一粒で二回楽しむことができます。

 

熊本県 八代市鏡町産 鏡オイスター 真牡蠣 670円

幻の牡蠣「クマモト・オイスター」誕生の地として知られる八代海の恵みをたっぷり受けて育てられた牡蠣です。肉厚で身入りもよく旨みがしっかりとしています。また一般的な真牡蠣と比較しても大きな貝柱が特徴です。

 

長崎県 諫早市小長井町産 真牡蠣 560円

濃厚でぷりぷりとした食感がたまらない人気のブランド牡蠣です。身入り、味ともに抜群。

 

長崎県 有明海雲仙産 真牡蠣 680円

伊勢海老や平目が有名な島原半島で育った良質な牡蠣。貝柱も太く、甘みともに楽しむことができます。

宮城県 延岡産 天然岩牡蠣 880円

天然の漁場で採取される延岡の岩牡蠣は、黒潮からのミネラル豊富な海水と九州山々から流れ出たミネラル豊富な水によって牡蠣の成長を早めます。またリアス式海岸の環境が牡蠣を育てることにより身入りの良い牡蠣となります。

 

長崎県 五島列島産 岩牡蠣 760円

プランクトンが豊富な五島列島の山々に囲まれた海の恩恵を受けて育った岩牡蠣です。身入りがよく渋みが少なくほのかに甘味があるのが特徴。

 

秋田県 男鹿市船川産 天然岩牡蠣 860円

プルンっとした濃ゆい味の岩牡蠣。磯の香りもほどよく、貝柱の甘みが大変特徴的です。

 

三重県 伊勢志摩産 岩牡蠣 980円

岩牡蠣特有のクリーミーさとコクを持ち、身入りも良く十分な食べごたえです。塩気が少なく噛むほどにクリーミーな味わいが広がっていきます。

大分県 佐伯産 天然岩牡蠣 850円

プリっぷりのつややかな身でクセもなく、潮の香りと奥深い旨みと栄養分をギュッと閉じ込めています。たっぷりのミルクを含み、濃厚な旨みがいつまでも口の中に残ります。

 

徳島県 沖洲産 特大天然岩牡蠣 1280~2500円(サイズにより)

岩牡蠣は夏しか味わえないので貴重ですが、中でもこの特大サイズの天然岩牡蠣は希少価値の高い逸品です。濃度も高く、味もしっかりとしていて、一個で普通の牡蠣五個分は味わえるのではないでしょうか。

 

千葉県 銚子産 天然岩牡蠣 950円

ジューシーでクリーミーな味が口の中いっぱいに広がります。身がぷっくりしていて、ほんのりとした甘さが絶妙です。

 

京都府 舞鶴産 岩牡蠣 880円

京都の高級料亭でも人気の岩牡蠣。濃厚でとろけるような食感が特徴的でぷりぷりとした極上の牡蠣です。即効性の高いグリコーゲンが特に豊富で、脂質の他にアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどを含んでいて大変栄養価が高いです

 

三重県 的矢湾畔蛸町産 岩牡蠣 1180円

畔蛸の岩牡蠣は他の地域では作ることが難しい養殖期間が短く、天然採苗で育てる岩牡蠣です。人工の水槽で採苗させる方法が一般的ですが、天然採苗は天然の岩牡蠣が放出する幼生を漁師さんたちが潮の流れをよんでホタテの貝殻に付着させる方法です。甘みが強く、ふっくらとしていて、クセのない味わいが楽しめるのが特徴です。

 

長崎県 壱岐市郷ノ浦産 天然岩牡蠣 1200円

ミネラルをたっぷり含んだ重量感もある逸品。豊かな香りと天然岩牡蠣ならではの牡蠣の甘みが特徴的です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は全国のブランド牡蠣の値段の相場と、それぞれの牡蠣の特徴を紹介してきました。今回紹介してきた値段がだいたいお店で出される値段の相場です。やはり岩牡蠣の方が全体的に高いですよね。岩牡蠣は夏場しか食べることができないため、真牡蠣に比べて希少価値も高いので、少し高めの相場で市場でも出回っています。しかしその味に間違いはないので、夏場に牡蠣のお店へ行ったら岩牡蠣を食べることをおすすめします!

こちらの記事も合わせてどうぞ!⇒牡蠣養殖の主流、いかだ式とは?

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!