生牡蠣であたる原因とは!?あたってしまった場合の胃腸炎の症状や潜伏期間は?

今の時代、牡蠣には様々な食べ方がありますが、やっぱり牡蠣といったら生牡蠣が一番おいしいですよね。

しかし、生牡蠣はその濃厚でクリーミーなおいしさと栄養価の高さで多くの人々を虜にする反面、どうしても食あたりやノロウイルスといった問題がつきまといます。みなさんの周りにも生牡蠣を食してあたってしまった方がいるのではないでしょうか?

ではなぜ生牡蠣を食すとあたる可能性があるのでしょうか?今回は、生牡蠣であたる原因や、あたってしまった場合にどのような症状が出るのか、胃腸炎を発症する可能性はあるのか、ウイルスの潜伏期間はどのくらいなのか、またその対処法はあるのかといったところを紹介していきたいと思います!

 

生牡蠣であたる原因

生牡蠣であたる食中毒の原因として一番多いのはやはりノロウイルスです。その他、腸炎ビブリオや貝毒も原因として挙げられますが、ノロウイルスに感染するケースが一番多いです。ノロウイルスは冬から春にかけて猛威を振るう食中毒原因菌であり、ちょうど真牡蠣が旬を迎える時期と被ります。また牡蠣があたることの多い食材である原因として、牡蠣のような二枚貝は、海水に紛れ込んだノロウイルスを取り込みやすく逃がしづらい構造をしていることが挙げられます。我々の生活排水によってノロウイルスが海水中に流れ込み、それを牡蠣が取り込んでしまうという仕組みです。ノロウイルスによる食中毒では胃腸炎を発症します。ノロウイルスが小腸粘膜で増殖し、感染性胃腸炎を引き起こしてしまうのです。

冬場に生牡蠣であたったらノロウイルスが原因菌として考えるのが妥当ですが、夏場に生牡蠣を食してあたったらまず疑われるのは腸炎ビブリオです。一般的に牡蠣は冬が旬の食材として知られていますが、この時代は養殖技術の進歩もあり、一年中生牡蠣が食べられるようになりました。また夏場が旬の岩牡蠣もあります。もっとも、岩牡蠣は水深が深いところで育つためあたりにくいですが。腸炎ビブリオは水温が15度以上になると活発に活動する細菌なので、夏場に多い食中毒原因菌です。

 

あたってしまったときの症状、潜伏期間

では、もしも生牡蠣を食べてあたってしまったときはどのような症状が出るのでしょうか?

ノロウイルスによる食中毒の症状としては、激しい嘔吐や下痢、38度以上の発熱、だるさ、筋肉痛などが挙げられます。初期症状として微熱が出始め、そこから頭痛、腹痛、嘔吐、下痢など段々と症状が重くなっていくケースが多く、経験したことがある方は分かるかと思いますが非常に辛いです。ただもちろん症状には個人差があるので、中には微熱だけで済むような方もいます。ノロウイルスは時間が解決するのを待つのが一番の得策です。健常者であれば1日~2日で回復に向かいます。脱水症状にならないように水分補給はしっかりと行うようにしましょう。ノロウイルスの潜伏期間は24時間~48時間なので、生牡蠣を食べてから二日以内には症状が発症します。

腸炎ビブリオが原因だった場合の症状として最も特徴的なのは激しい腹痛とそれに伴う下痢です。血便の場合もあります。嘔吐が見られる場合もありますが、熱は微熱で収まることが多いです。基本的に症状が発症しても長引くことは少ないので、こちらも時間が解決してくれるのを待ちましょう。腸炎ビブリオの潜伏期間は10時間~24時間です。夏場に生牡蠣を食して、一日以内に何かしらの症状が出たらまず腸炎ビブリオを疑いましょう。

貝毒が食中毒の原因菌であった場合も、下痢やめまい、吐き気などの症状が発症します。発熱はありませんが、重症であった場合は全身のしびれや呼吸困難に陥ることもあるので、一番危険な細菌かもしれません。貝毒は発症するまでの潜伏期間が短いので、牡蠣を食べてすぐ吐き気を催したら貝毒の可能性が高いです。3日も経てば全快になりますが、病院に行って浣腸をしてもらい点滴をすれば比較的すぐ楽になることができます。

いずれにしろ、生牡蠣を食べて体調不良になった場合は食中毒による胃腸炎になったと考えるのが妥当です。胃腸炎になったら嘔吐や下痢などで体内の水分が抜けやすくなるので、水分補給はこまめにするようにしましょう。もし症状がひどい場合は、自分の判断で薬を飲むのではなく、必ず病院に行き診察してもらうようにしてください。

対処法

生牡蠣にあたるのを恐れるあまり、生牡蠣を食べるのを躊躇してしまうという方も大勢いらっしゃると思います。確かに牡蠣は加熱処理すれば食中毒原因菌も死滅して胃腸炎の心配もなく安心して食べられます。焼き牡蠣をはじめ、カキフライや牡蠣の天ぷらなど、牡蠣は加熱処理してもおいしく食べられます。ただやっぱり牡蠣の醍醐味といえば、濃厚でクリーミーな味わいを堪能できる生牡蠣ではないでしょうか。生牡蠣であたらないようにするための対処法というか予防法は、基本的には日頃から手洗い、うがいをしっかりと行って衛生管理を徹底することです。

また体調の悪い日に生牡蠣を食すこともやめましょう。生牡蠣は栄養豊富なので、体調の悪い日に食べたくなる気持ちもわからなくもないですが、かえってあたる可能性が高くなり、それで食中毒になってしまっては元も子もありません。日頃から衛生管理を徹底し、自分の体調が優れている日に生牡蠣を食べるようにしましょう。また外で生牡蠣を食べる際は牡蠣料理専門店やオイスターバーへ行くと良いでしょう。牡蠣を専門的に扱っているお店は衛生管理もしっかりとしているので安心して食べられます。家で自分で牡蠣を剥いて生牡蠣を食べる際は、ナイフや包丁をしっかりと消毒するようにしましょう。2次感染を防ぐためにも、生牡蠣と他の食材を分けることも大切です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、生牡蠣を食べてあたる原因や、胃腸炎になってしまう可能性、あたってしまったときの症状、潜伏期間や対処法を紹介してきました。生牡蠣は日本の冬を代表する味覚の一つであり、そのおいしさと栄養価の高さから昔から多くの人々を虜にしてきました。ただし、生牡蠣と食中毒はどうしても切っても切れない関係にあります。今は養殖技術の進歩や消毒の効果もあり、昔とは比べ物にならないほど生牡蠣は安全な食材になりました。絶対にあたらない生牡蠣を作るために陸上養殖に取り組んでいる例もあります。ただそれでも食中毒になってしまう方がいるというのもまた事実なので、少しでもあたらないようにするためにも日頃から手洗い、うがいなど衛生管理を徹底するようにしましょう!

こちらの記事も合わせてどうぞ!⇒魚焼きグリルで簡単に焼き牡蠣を調理する方法!

参考になったよ♪という方はぽちっとお願いします!(^^)!